--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

10.31

有関倶楽部・第3話

   学園の先輩の吉之川あゆみ(入山法子)が結婚式に招待してくれることに、なりましたが何でも相手は神亀グループの社長だそうで玉の輿なんですよね。

 「男はやっぱりステータスよね」と黄桜可憐(鈴木えみ)。

 結婚式の日には、寿司屋をオープンする予定のあゆみの恋人・玉司聖二(忍成修吾)がいましたが、彼は結婚式当日、事故にあってしまって・・

 あゆみは実は養女で会社の経営が危うく、親のために玉の輿になる気だったようですね。

 有閑倶楽部が人肌脱ぐ事に・・花嫁の身代わりになったり(何人も・・清四郎(横山裕)や美堂(田口淳之介)までね・・2人とも男なのに綺麗だったわ~)

 魅録(赤西仁)の顔見知りの白藤組組長・白藤吾郎(黒沢年雄)が病院を抜け出して、あゆみの結婚式場にやってきましたね。実の娘のあゆみに全財産をやる事を知って神亀が近づいてきたと言ってましたが・・組長を襲ったのも神亀の奴らだったようですね。

  そこで、具合が悪くなってしまいましたね。

 結婚式場では、野梨子(香椎由宇)が、あゆみの身代わりを務めてましたが・・キスされそうになって殴って逃げる事に・・

 神亀の奴らをなんとか倒して、婚姻届けも取り返して(って、悠理(美波)が食べちゃおうとしてましたが^m^)、聖二の元に駆けつけたあゆみと魅録。が、聖二は軽い脳震盪だったようで・・
 2人のごたごたに撒きこまれて、魅録が軽い脳震盪を起しちゃいましたね。

 実の父親からの遺言の遺産を受け取らないとあゆみ。自分の親は、2人だけだと・・

 組長は魅録に跡継ぎにならないかと 誘ってましたね(魅録の父は、刑事なのにね)

   ※美波さんが元気でいい味ですね。


                    チェックしてね♪

有閑倶楽部
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。