--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.04

SP(エスピー)第1話

  特殊な能力を持つSP(要人警護官)井上薫役を岡田准一が演じる。その井上を部下に引き入れたのは、東大卒でありながら、ノンキャリアで入庁して現場にこだわる尾形(堤真一)。

 彼は、井上が両親を亡くしたテロの現場に遭遇しており、それからSPになろうと考えたようですね。

 井上と同じ新人警護役・笹本に真木よう子で、男勝りですが井上の能力は認めているという役どころ。

 休日に都知事の警護に駆り出された井上は、杖をつきながら足を引きずって歩く男が怪しいと睨みましたが、案の定テロリストでナイフを次から次へと出してきましたね。そのテロリストを確保しちゃった井上。でもSPでは、テロリスト確保したのは、はじめてだと。

 SPの仕事は要人を守る”動く壁”だと言われちゃいましたね。

 井上は、幼い頃にテロの巻き添えで両親を亡くしており、その時に特殊な能力が身についたようですね。

 都知事(大場久美子)に恨みを持つ男が拳銃で撃とうとしていたのを五感で感じ取って、阻止した井上。阻止する時に撃たれましたが防弾チョッキを着ていて助かりましたね。

 彼女募集中の彼ですが、その特殊能力を女性の前で使うとやばいことに。そして、その能力ゆえに過去のトラウマと闘わなくてはならないというせつなさも。

 ※このドラマ面白いですね。でも夜11時10分から1時間っていうのは生で見るのは、きついですね。今日はバレーが延長で11時30分からでしたから、更に遅かったですね。

                 チェックしてね♪

H19・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。