--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

11.08

医龍2・第5話

 緒形美羽(黒川智花)の緊急手術。

 自己血液がまだ、たまっていない。麻酔医が過去に彼女と同じ血液型の患者を手術した教授を思い出し、伊集院(小池徹平)が知っていて、教授から患者を教えてもらう事に。

 そして、血液の循環を止めての手術。でも40分が限度。しかし、患部が術前より拡大していて時間が足りない。

 美羽の父親は子供の頃に大怪我した時も何も出来なかったが、まただと言って落胆。その彼に手術しているのは、うちの最高の医師だと言った一美(内田有紀)。どんな意図からそう言ったのか?

 患者だったカドワキさんを捜す伊集院と明真の木原(池田鉄洋)。木原は野口(岸部一徳)に逆らってまで捜そうとしていい所ありますね。

 血液を希釈して量をふやして、人工心肺で手術を続ける朝田(坂口憲二)。
 麻酔医の小高(大塚寧々)を説得して、手術室に入らせた一美。一美も彼女の事をよく知っていたのですね。

 カドワキさんは携帯に気付かず。センターの血液も渋滞で届かない。

 センターの血液をもらってバイクで届ける事にした伊集院。(緊迫した場面、間にあうか)

 そして、遅かったのかと思われたが血液を届ける前にベンタール手術終了と朝田。

 無輸血オペの成功。

 恩田議員に、手術したのは、明真の医者だと嘘をつく野口。そして、それに相槌をうつ一美。スキャンダルをネタに恩田に迫りましたね。

 子供の頃、怪我をした時に病院に運んだのが母親でなく父親だったと嘘を美羽に教えた一美。彼女に騒がれたら困るからだと言ってましたが・・

 美羽は携帯のメールアドレスを恩田に教え、恩田も喜んでましたね。

 ※それにしても朝田の腕はすごいですね。麻酔医の小高も。来週の予告でまだ、あのことにこだわっているのかとか、荒瀬(阿部サダヲ)が言ってましたが・・彼女の秘密は何でしょうね(*^_^*)

            チェックしてね♪
 

H19・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。