--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.02

SP・第5話

  「重要参考人を警護せよ」

 今回からエピソード3で1となる5話ですね。

 尾形(堤真一)は、井上(岡田準一)の両親を刺殺したテロリスト山西(平田満)と面会を。20年前に、現在の麻田首相(山本圭)を狙った彼ですが、真相は告げず、まもなく出所すると・・不気味ですね。

 あの事件の時に、尾形、井上、山西の3人とも出会っていたのか?20年前にタネをまかれてせっせと水をやって育てた実を持つ山西。そして、尾形にも実がなっているのだろうと。

 子供の頃の尾形と井上(堤や岡田似)

 そして、今回の警護は、証券取引法違反事件で重要参考人になっている大橋正次(片桐仁)を24時間極秘警護するというもの。

 そして、清掃員の格好をした4人組は、この事件に関連していた別の男を簡単に殺害し、事故死に見せかけていましたね。(やっぱり、あの4人組はただものではなかったですね・・で呼び名がリンゴ、ポール、ジョージ、ジョンってビートルズですね~)

 高級ホテルに身を隠す、大橋。怯えて、SPにさえも異常な警戒心を持ってましたね。

 そして、4人組には、この大橋殺害依頼が届き、中国人に扮したポールとジョージが大橋の隣りの部屋にチェックイン。(女性に扮装したポール綺麗)

 尾形と井上が夜、笹本(真木よう子)と石田(神尾佑)と山本(松尾諭)が昼を警護する事に。

 ルームサービスで来た食事を味見してくれと大橋に言われ、味見なのに、ガツガツ食べる山本。

 ポール達は、高性能マイクを設置し、盗聴をはじめ、動きがないと知ると出掛ける事に。

 尾形と井上は、なぞなぞごっこを。

 数時間後に浅草から戻ってきた2人は、おもちゃの拳銃を大橋の部屋のドアののぞき穴に突きつけておふざけ。やめとけ・・その声に反応した井上が、室内から顔を出すが、2人は自分達の部屋へ。

 残ったジョージのタバコの匂いに何か不安を感じた井上・・ハイライトだともわかったよう。

 テロリスト達にも勘のいいSPだとわかったようですね。

 ※釣堀シーンに「TETSU NY.」のTシャツ着た2人が(暴れん坊ママの2人に似せて)・・お遊びですね(*^_^*)

             チェックしてね♪ 
 

H19・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。