--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.06

有閑倶楽部・第8話

  魅録(赤西仁)の母・千秋(秋吉久美子)が海外視察から帰国。

 年中、外国を飛び回ってて、家にいないんですね。有閑倶楽部のメンバー全員に素敵なプレゼントを持って帰って来ましたね。

 夫である時宗(鹿賀丈史)は、プロポーズする時に遊園地でチューリップの花束を渡して、毎年、千秋の誕生日には、この場所でチューリップを贈る事を条件に結婚。

 そして、今日がその一大イベントの日・・何があってもその場所で花束を渡さなくては、即離婚だって~~~

 しか~~し、千秋に贈る予定で特注した、花束からカチカチと音が~~爆弾がしかけられてて、手を離すと爆発しちゃうと~~

 犯人は、千秋と夫婦喧嘩した時に憂さ晴らしで行ったお店で働くおかまのケイコ(鶴見辰吾)。花屋に化けてお届けしに来ちゃったんですね。
 ケイコは、千秋と同じ誕生日で、喧嘩した時宗は、千秋でなくケイコに花束贈っちゃおうかななんて言ったものだから、それを覚えていたケイコが嫉妬して計画。

 ベルガモットの香りがしたケイコ。有閑倶楽部のメンバーがケイコを見つけようと館内を捜索しはじめたが・・

 ※可憐(鈴木えみ)がぶつかった警察署員(白バイ乗る人?)は、一瞬、織田裕二を若くした感じでしたね。

 ケイコは警察官に扮したりして(歩き方がおかま)見つからず。
 ドレス姿で時宗に寄り添った可憐と悠理(美波)、おかまは男が好きなはずと、おかまに扮してドレス姿になった魅録達。

 ※赤西君の腕は結構たくましかったですね^m^
  でも、みんな綺麗でしたね(#^.^#)

  有閑倶楽部・女装 魅録女装


 ニセ爆発騒ぎを起してやっと、ケイコをおびき寄せましたが、手には爆弾のスイッチを持っていて、時宗がキスしてくれたら、爆弾をはずしてもいいと・・ずっと時宗が店に来てくれるのを待っていたケイコ・・せつない女心ですね。

 でも、時宗は、千秋以外の女性とは、キスなどできないと死んだ方がましだと・・

 爆弾のスイッチを押しちゃったケイコ・・でも、花束は、爆発せず・・大好きな時宗を傷つけるはずないじゃないとケイコ・・行ってあげて奥さんの所に(ますます、時宗の男らしさに惚れた感じのケイコ)

 新しい花束は、野梨子(香椎由宇)が用意してくれて、なんとか遊園地に来た時宗達。閉園の7時になってライトも消えてしまいましたが、ビッグウエイブ(お腹壊してた)と闘いながらも、花束を届けようと必死の時宗。

 千秋の元に着いた時には、花はほとんど、落ちてましたね。けれども、受け取ってくれた千秋。その途端に遊園地の明かりがついて・・魅録からのプレゼントでしたね。

  またまたビッグウエイブが来ちゃった時宗でしたが、ハッピーエンドで良かったですね。

  ※今週の話は面白かったです。そして、夫婦愛にカンパイ!

                 チェックしてね♪
 

有閑倶楽部
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。