--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.10

SP・第6話

 山本(松尾諭)に「切っても殺しても事件にならないものってなあんだ」って、聞いた井上(岡田準一)。やっぱり、山本には、答えわからなかったですね。

 大橋(片岡仁)が食事する前にうれしそうに「毒味しましょうか」って聞いた山本でしたが、いいよって断られちゃいましたね(残念^m^)

 その大橋は、カードでノートパソコンを買ってきてとSPに頼むと、買いに出掛けた笹本(真木よう子)。かなり、息が詰まっていた大橋は隙を見て、部屋から逃げちゃいましたね。
 
 隣りで盗聴してた犯行グループのポールも飛び出しましたが、危機一髪、公安の田中(野間口徹)に呼び止められた大橋は、石田(神尾佑)に捕まって部屋に逆戻り。田中に借りが出来ましたね。

 なぞなぞ大辞典を経費として請求した井上は、書き直せって庶務係の原川(平田敦子)にきつく、言われちゃいましたね(長い夜のお供に必要だったと言ったけれどだめだったみたい)

 精神的に参っていた大橋はプールに行って泳ぐと言い出し、隣りで聞いていたポールは、チェックアウトして再度、身元を偽装してホテルにチェックインしようとジョージに。(顔を見られたからですが)

 仲間のジョンから電話があり、今夜中に片をつけるとポール。

 そして、プールで泳いだ後のシャワー中に、見事に何かを口に入るようにした犯行グループ。倒れた大橋。(ペットボトルのキャップをシャワー式に変えて隣りからシャワーに紛れて飲ませるというすごい手口でしたね)でも、助かったんですね。

 今度は韓国人になりすましてチェックインしたポールとジョージとエレベーターで一緒になった井上と尾形(堤真一)。井上はするどい嗅覚で「ハイライトって韓国でも売っているんですか?」って聞きましたね。(なんだか、ポールはヨン様もどきのいでたちでしたね)

 そして、いきなり襲ってきたポールとジョージは、格闘の末、捕まってしまいましたね。
 けれども、SPの仕事は警護であって逮捕じゃないと尾形は、中尾(江上真悟)から、言われちゃいましたね。すべては、上が決めると(嫌な縦社会ですね)

 家に帰ると言い出した大橋をなだめる尾形。

 次週に続くでしたね。

             チェックしてね♪
 

H19・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。