--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.20

ジョシデカ・最終回

   パク(リュ・シウォン)を人質にして、立てこもってる岩代教官(片平なぎさ)。

 単身乗り込んだ來実(仲間由起恵)でしたが、銃で撃たれた傷は、広がり、パクもまた、足を撃たれてましたね。

 連続殺人の3人目までは、自分の手で殺ってないと言う、岩代。4人目からは、自分だと。

 責任を取れと何度も、何度も子供を亡くした母親から言われ、配属を変えられ、刑事にもなれずの岩代・・・人格までも狂ってしまったのか?簡単に何人もの人を殺めて。

 桜(泉ピン子)の事も妬んでいたようで、彼女が黒いコートを着ていたのを知っていて、黒いコートを来たようですね。

 1対1の対決・・そこに現れた桜・・岩代に撃たれて倒れた桜(まさか、彼女を簡単に撃ってしまうなんて)・・そして、揉みあって窓ガラスを割って、一緒に落ちた岩代と來実。
   (3階から落ちたのに2人とも無事でしたね・・普通、骨折じゃないのか?)

 桜さんは、防弾チョッキを着てて無事だったんですね。

 傷を治して、退院した來実。韓国に帰ってカメラマンとして1からもう1度、やり直したいとパク。そして、1人前になったら、日本に来て、來実に大事な話をしにくると。
 
 入院中に、2年間、音信なしの彼に”好きな人ができたから別れてくれ”と電話したとパクに言った來実。でも、”俺達、とっくに別れてただろ”と反対に言われちゃってたようですね(普通、そうですよね)

 退院したばかりで、桜と一緒に事件に駆けつける來実・・相棒だって言ってましたね。

              チェックしてね♪

H19・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。