--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.09

ハチミツとクローバー・第1話

 羽海野チカ原作の大人気コミック「ハチミツとクローバー」のドラマ化。

  「春、恋におちた瞬間」

  浜田山美術大学のキャンパスの中庭にある池のほとりで、しゃがみこんで水面に漂う桜の花びらを見つめていた花本はぐみ(成海璃子)に一目惚れした竹本祐太(生田斗真)。

 はぐみは長野から上京したばかりの極度の人見知り。けれど、芸術に関しては天才的な才能の持ち主で油絵科の1年。彼女に一目惚れした竹本は、建築科の3年。

  役柄よりずっと若い成海璃子ちゃんですが、天才の役は、あってますね。花ざかり~で大ブレイクの生田斗真君も、この役はあってるような(原作を読んだ事がないのでわかりませんが・・)

 彼と同じアパートの住人で一緒につるんでいるのが、彫刻科7年の大学一の変人と呼ばれている森田忍(成宮寛貴)と建築科4年の真山巧(向井理)。

 山岳部のカレーを食べたいばかりに、竹本に新入生と偽ってもらってくるように仕向けた森田と真山。けれど、3年とばれてしまい、彼らは今度は部室のカレーを狙う。

 そこにあった皿にカレーを入れて食べようとしたが、皿を作った持主の陶芸科4年の山田あゆみ(原田夏希)が現れ、3人は怒鳴られるはめに。結局、山岳カレーは食べれず。
 (後でカレーがとれず、微妙な色づかいになった皿は、ほめられる事になりましたね^m^)

 准教授の花本修司(村上淳)の自転車が止めておいた荷車の暴走で破壊され、竹本の名前が書かれていたため、呼び出しをくらうはめに(森田と真山にはめられましたね)

 そして、隣りの作業部屋には、准教授のはとこのはぐみがいましたね。みんな、彼女に興味を持ったようですね。

 真山に片思いのあゆみは、彼がレポートを作成するために必要な、すでに絶版になっている本を捜すために書店回りをしてましたね。

 森田が作った彫刻作品を見たはぐみは、突然、思いついたように絵を描きはじめましたね。
 彼は7年生ではありましたが、才能はあるようですね。

 ローマイヤ先輩(木村祐一)から、ローマイヤハムのおすそわけをいただく竹本達(とってもひもじい生活でしたね)ローマイヤ先輩は、2文字というのはとっても偉大だと。間をのばして言うととってもセレブになると。

 ハーム、ミーズ、ソーバ、パーン、スーシetc(ローマイヤ先輩ってどういう関係?)

 あゆみの父・大五郎役で泉谷しげるさんが、出てましたね。

 真山の必要な本を捜しあてたあゆみは、彼にイタリアンを食べたいと言い、OKをもらうが、真山がアルバイトをしているデザイン事務所の経営者・原田理花(瀬戸朝香)から、納期が早まった仕事を手伝ってほしいと電話が入ると、ゼミの面接の日でもあるのに、それをあきらめて、行ってしまった。

  ショックのあゆみ。真山は、理花に片思いのようですね。

 浜田山美術大学での校内展でグランプリをとったはぐみの絵、凖グランプリは、森田の彫刻でしたね。はぐみの絵に感動した森田は、彼女の元に走り、彼女をいきなり抱きしめるという大胆な行動を。

               はぐみの絵


 人の絵を見て心を掴まれたのは久しぶりだと言い、ありがとうとはぐみにお礼を言う森田。
 「ワタシ・・森田さんの作品、好きです」はぐみの声が聞きたかった竹本でしたが、その言葉は、ちょっと胸が痛いと感じる事に。

 花本教授は、1度でいいから、はぐみになって、はぐみの目で世界を見てみたいと。それは、竹本も同じでしたね。

 ※はぐみのように、人見知りでも、すごい才能があるといいですね。人見知りでもとってもいい笑顔も出来るから、それも人の心、掴んじゃいますね。ありがとうって言葉も言えるし、十分じゃないですか。

 理花に恋してる真山でしたが、来週いっぱいでバイトは、やめてほしいと言われちゃいましたね。私の問題だからと言ってましたが・・

 はぐみは、竹本に私には絵しかないと言ってましたが、何か得意な物が1つでもあるなんてうらやますぃ~。何もこれといった才能がない人の方が多いのではないかな?

 学校の窯でピザを焼いて食べる5人。はぐみもいましたが、彼女はでかいまま、かじって(まるでスイカを食べるみたいに)、ピザを食べるのは、はじめてでしたね。

 恋愛模様は、森田←はぐみ←竹本、理花←真山←あゆみ、のようですね。
 森田ははぐみに興味はあるが、好きかどうかは怪しい。理花には、心に思う人がいるようだし。

   切ない青春恋物語ですね。

            チェックしてね♪ 

ハチミツとクローバー
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。