--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.19

エジソンの母・第2話

  
  授業中、世界地図を破いて「出来た」と言った賢人(清水優哉)・・副担任が超大陸パンゲア(大陸移動説)だと言って、こういうの好きだなと・・

 また、授業の妨げをしたから、謝ってと規子(伊東美咲)。その時は、素直に謝りましたが、それからも会えば、いろいろどうして、どうしての賢人君。

 博之(谷原章介)は、その賢人の母・あおい(坂井真紀)の事をほめちぎって、面白くない規子。

 賢人よ、今度はガスを吸って空を飛ぼうってみんなとやりはじめちゃった。丁度、ケーキを持って来た美月(杉田かおる)が、発見したから良かったけれど、危なかったですね。

 どうして、人間は飛べないの?・・ごめんなさいって軽く言うけど、ちょっとむかつく感じ。

 そして、今度は鳥が飛ぶのを見て、僕やってみようって校舎3階から、飛び降りちゃいました。規子、間に合わず(エジソンになる前に死んじゃうよ~でも、生きてましたね、しかも、たいした怪我もせず~痛い目にあってもたぶん、懲りないでしょうね)

 相変わらず、軽く”ごめんなさい”は、言うんだよね・・・でも、実験の前にもっと、命の大切さに気付かないとね(でも、昔、校長も同じ事したって言ってましたね。好奇心は、大事だと言ったものだから、またまた、どうしたら空が飛べるかって考えはじめちゃいましたね)

 空を飛んで自分のためにママが働いている所を見たいと言った賢人でしたが、あなたは逆の事をしていると加賀美先生(松下由樹)。あなたがした事でママがどれだけ、みんなに頭を下げて謝ったと思うかって(泣き出しちゃいましたね)

 エジソンになる可能性を秘めているかもしれないけど、彼を見てると何故だかむかついてしまうんですよね(どうして攻撃されたら、私だったらきれてますね・・所詮、平凡な私)

           チェックしてね♪
 

H20・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。