--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.26

ハチミツとクローバー・第3話

  「夏・花火と散った片思い」

 夏休みに長野に帰省していたはぐみ(成海璃子)から、お土産を買ってきたから一緒に食べませんか?と電話をもらって舞い上がった竹本(生田斗真)。

 花火大会にはぐみを誘おうとチラシを持って、花本(村上淳)の研究室に急いで来ると、あゆみ(原田夏希)がいて、真山(向井理)も来て、森田(成宮寛貴)も来て、誘う事は出来ず。
 森田には、はぐみの事が好きだと見抜かれてましたね。

 真山は、藤原デザイン事務所の美和子(滝沢沙織)からのスカウトを1度は断りましたが、花本からの言葉に、働く事にしましたね。

 花火大会の日、浴衣を着て、屋台に出掛けたあゆみとはぐみ。1年に1度だけ店を出すおいしいたこ焼きの店がありましたが、なんとローマイヤ(木村祐一)の店でしたね。

 そのローマイヤ先輩は、竹本達にたくさんのすいかをもって現れ、森田らが竹本の部屋ですいか割りをして部屋をスイカまみれにされちゃう事に。

 はぐみは買ったたこ焼きを持って、森田から誘われた花火の事を思い出し、走りだしましたね。あゆみの父・大五郎(泉谷しげる)から森田と一緒だと胸が苦しくなるのは恋だと言われて動揺したはぐみでしたが、自分の気持ちに気付いたかな?

 森田からはぐみが来るはずと教えられてた竹本が来てましたが、森田が去る方をじっとみつめるはぐみ。はぐみの気持ちに気付いたであろう竹本君・・せつないですね。

 あゆみも大学院に行く事に決め、真山の事はさっぱり忘れるつもりでしたが、真山から浴衣が似合うんだと言われ、やっぱりあきらめるなんて出来ないと1人涙を流す事に。

 真山は就職を決めましたが、理花(瀬戸朝香)の自分が火傷をして病院まで付き添ったがために飛行機を遅らせ事故にあい亡くなった夫のことで、自分を今も攻めている彼女を支えるにはと考えての事でしたね。

 ※この次期に夏の格好は見る方も寒く感じましたが演じる方は、もっと大変だったでしょうね。来週は、クリスマスって一気に冬になってましたね。

               チェックしてね♪ 

ハチミツとクローバー
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。