--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.29

佐々木夫妻の仁義なき戦い・第2話

  律子(小雪)の元に、猪木(古田新太)の知り合いで不動産業を営む前田幸造(泉谷しげる)から、妻の奈津子(朝加真由美)と離婚したいという相談が、来ましたね。

 奥さんとは、10年も別居してて、内縁関係の女性に子どもが出来たので別れることにするというので、引き受ける事にした律子。

 法倫(稲垣吾郎)の方は母のゆと子(江波杏子)から知人の前田不動産福社長の奈津子から同じく、離婚騒動を相談され、引き受ける事に。

 夫婦で対立するクライアントの弁護は、まずい。ジャンケンで負けた法倫は、断ることに。

 律子は愛人の子として育ち、いじめられ、泣いて育ったようでしたね。

 奈津子は仕事・家事をきちんとこなし、休日にはボランティア活動と非のない女性のよう。
 奈津子は会社をもらえれば、他に何もいらないから離婚してもいいと言い、それで幸造も手をうつことに。

 律子は酔っ払って、えらい所で寝てましたね。それをいいことに、法倫はそのまま、実家まで連れてきちゃいましたね。
 素直に謝る律子。

 でもその後、法倫の母と言い合いになり、離婚しますと言っちゃった律子。お互い、人生返してよって夫婦まで言い合いに。

 弁護士として駆けだしの頃、助けたい人を上(草なぎ剛)からの命令で断った法倫。その時に、助けたい人を助けたいなら独立すればいいと、私が助けるからと言ったのが律子。

 夫婦で仲直りかと思われた時に、幸造が、「どうしてくれる。これじゃスッカラカンじゃないか」と言って現れましたね。

 どうやら、家や別荘が知らない間に妻の名義になっていたらしい。
 無報酬で法的対応を取ると法倫。即座に事務所のメンバーも対応してくれましたね。

 役員退職規定で幸造氏に5000万払う義務があると奈津子に言う律子。

 幸造の愛人には、幸造と知り合う以前からつきあっていた男性がいたことが判明。これを使って自分の気のすむようにすればいいと奈津子に。

 法倫のために、時計を見つけて渡すつもりの律子でしたが、法倫の方が律子のほしがっていた時計を買って贈ってくれ、喜んだのも束の間、離婚してほしいと言われちゃうことに。

    どうして~~の律子さん!

               チェックしてね♪
 

H20・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。