--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.05

薔薇のない花屋・第4話

  「明かされた過去~3万人の子供たちへ」

  美桜(竹内結子)は、商店街の福引を引いても無駄だとか英治(香取慎吾)と言い合ってましたが結局、勝手に引いて、出た色は白で本当はティッシュのはずでしたが、英治は、美桜にカランコロンの音を聞かせてあげたいと、1等おめでとうってやっちゃいましたね。

 美桜は当然、目が見えてましたから、英治のした事がわかってましたね。

 省吾(今井悠貴)が、また万引きをしたとしたと連絡がありましたが、今回は濡れ衣のようで、彼の親はスーパーに慰謝料を請求するという行為を。

 英治は、彼が親のネグレクトを受けているのではないかと・・英治も過去にネグレクトを受けていたのですね。省吾の事を”名もなき戦士”だと言う英治。担任の優貴(釈由美子)といろいろ、相談しあってましたね。

 美桜の仕事が何かとみんなの前で聞いた直哉(松田翔太)。急に聞かれて、何だと思うと雫に聞いた美桜。マッサージ師って事になりましたね。

 英治は、美桜に自分で勝って、液晶テレビをあげましたね。全部、ばれてるのにね。雫は、英治が勝手にお金を持ち出したのを、自分で働らいたお金なんだから、いいよって言って、ただ、きちんと言ってねってすごく、しっかりしてますね(ありえないくらい)

 美桜が病院で働いている姿を偶然、桂子(池内淳子)は、見てしまいましたが、気のせいだと思う事に。

 美桜は、直哉から雫の母のDVDを預り、安西に仕方なかったのではと言いましたが、娘の日記から、娘とつきあっていた男は妊娠発覚とともに姿を消して、その後、一切会いに来る事はなかったと言う安西。

 何か事情があったのか?

 SOSと省吾からメールをもらい助けに行った英治と喫茶のマスター。優貴が手続きして”わかば子供の家”に、行く事になりましたね。
 ネグレクトを受けていた子どもは大人になってらが大変で、恋は出来るが、愛する事が出来ないかもと英治・・彼もそうなのか?

 直哉は、英治に美桜の目は手術すれば治ると言ったのですね。目の事で話があると言った時に、彼女は目が見えるって言ったかと思ったら違ってましたね。

 ドキッとしながらも、英治に抱きつき、英治を信じると言う美桜。

 ※このドラマは、主役が過去をかかえてて、全体に暗いのがどうもいまいちな感じがするのですが・・月9にしては、めずらしいですね。

          チェックしてね♪ 

H20・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。