--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.10

3年B組金八先生・第16話

  「3B生徒に霊能力者がいた!!」

 受験勉強で無理をしてダウンした詩織(牛山みすず)。その時から、守護霊が見えるようになりましたが、それは、家系がそうだったのですね。

 クラスのみなみや美恵子が渋谷で開催されるパーティーイベントへ行くと騒いでいると、みなみの守護霊が彼女達を渋谷へ行かせないでと詩織に頼んで来ましたね。

 詩織は、一応行かないように伝えたものの、みなみ達は聞かず、塾へ行ったものの、気になって金八先生にみなみ達の事を伝えて、行けないようにしてもらいましたね。

 次の日、みなみ達は、詩織とは、もう友達じゃないと言いましたが、行くはずだったイベントの場所で火事があった事を聞くと詩織が助けてくれたと喜ぶみなみ達。

 詩織には人の守護霊が見えるって騒ぎ出して、みんないろいろ詩織に、聞きだしましたが、その時から、急に何も見えなくなってましたね。

 でも、みんなに注目されてうれしかった詩織は、適当に答えてしまい、後で後悔する事に。

 金八先生に、本当の事を話しましたね。その時、金八先生の亡き妻の写真を見て、目をパチクリしてましたが、倒れた時に見た金八先生の守護霊だったのでしょうね。

 茨木のり子さんの「倚りかからず」を使って、”運命の神様に聞くな”とみんなに言った金八。
 みんなにも、もう霊が見えてないと嘘だったと正直に話した詩織・・みんな許してくれましたね。

 詩織は、日誌に金八先生の守護霊の事を書いてましたね。3Bのみんなのために毎日、花を生けてほしい。子供達はもうそろそろ、巣立ちの時を迎えたようだから、これからは、自分の事を大切に。・・・・妻だと思った金八先生は、俺の所に現れてほしいって切に思っちゃいましたね。

              チェックしてね♪ 

H19・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。