--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.13

斉藤さん・第6話

   真野(ミムラ)は、OL時代の先輩に頼まれて、レストランのバイトをする事になり、キルト講習会の役員まで、引き受けちゃいましたね。

 キルト講習会は柳川夫人が園の母親達を集めてするもの。夫人との打ち合わせで、帰りが遅くなった真野。

 息子が1人で留守番中に家に上がり込んだ男がいましたね。斉藤さん(観月ありさ)が丁度、野菜のおすそわけをしようとやってきたので、なんとかなりましたが、子どもの連れまわし事件が多発していたので、さすがの斉藤さんもびびってましたね(後でこの男は、違ったとわかりましたが)

 なんでも簡単に引き受けるのはよくないと斉藤さんに言われ、園に来てた柳川夫人に、みんなの気持ちを代弁して、忙しいのに興味もないキルトなんかにとか、言っちゃった真野。

 しかも、役員も出来ないと言って更に、怒らせ、結局、三上さん(高島礼子)が代わってくれましたね。

 夫が市会議員で、息子は不良。真野の息子の就学区域を勝手に変更させ、園での写真にも、指示を出したよう。

 普段は斉藤さんと意見がぶつかる三上でしたが、さすがにこれはひどいと当日のキルト講習会はみんなに指示を出してボイコットさせましたね。
 そして、よくない噂を耳にしたと柳川夫人に言うと、その場で夫に電話して区域変更をするように言ってましたね。

 今回は、三上さんのおかげで助かった真野。三上さんのような人も必要ですね。

 でも、これからも何かと柳川家が関わってきそうですね。

 このドラマは、面白いですね。ガンバレ、斉藤さ~~ん!

                チェックしてね♪

H20・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。