--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.22

エジソンの母・第7話

   変質者が出たりしましたね。

 賢人君が来てからだと、また、目の仇に思う美月(杉田かおる)。

 美浦(谷原章介)は、賢人の母は、規子(伊東美咲)を頼っているのだから、面倒を見てやれと言い、またも複雑な思いの規子でしたね。

 文部フェスティバルで、規子のクラスでは、赤ずきんの劇をやる事になりましたね。残酷な場面は、除いて、赤ずきんちゃんが3人で妖精さんなども出るように話を変えてですが、果たして無事に済むか?

 「そうだ閃いた」とセリフを言った賢人。「あなたのする事を当てましょう」・・

 また「閃いた」と賢人は、舞台の下へ。オオカミさんのパクパクしていた口の中に石が入れられ、おばあさんは助けられましたね(これは、賢人のアイディア)

 結果は、無事に終える事ができましたね。

 賢人が、オオカミのパクパクをヒントに、作った工作は、防犯ブザーだと。カスタネットと電気の磁石がついてましたね。

 玲実ちゃんにあげようと思ってたのですが、玲実の母に断られ、規子が私がもらってもいい?と。

 帰り道、歩いていると、あの変質者に出くわしましたね。賢人からもらったものを落としてしまったのですが、リンリンなって、変質者に「防犯ブザーですよ。ずっと鳴ってるんだから・・」とか言った規子。

 変質者は、逃げようとして結局、他の人に見つかりましたね。賢人の防犯ブザーが役に立ちましたね。発明品第1号ですね。

 教育委員会の織田(森口瑤子)が賢人に興味を持ってましたね。バカか天才か?と。

 美月が賢人を追い出そうと企んでるような・・・

※あおい(坂井真紀)のコート・・落書きされたのを今だに着てますね。他にないのだろうか?普通は、落書きされたのは、着ないですよね。母も変わっているって事かな?

           チェックしてね♪
 

H20・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。