--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.21

貧乏男子ボンビーメン・第6話

 ホームレス生活の一美(小栗旬)は、ネットの掲示板を使って、物々交換業を思いつき、これが当たりましたね(普通はこんなに簡単にはいかないと思うが・・・それもリヤカーだけで動くなんてね)

 同じホームレス生活をしている白石の父を見つけ、白石に会わせようとしましたが失敗に。

 借金が父を変えてしまったと言う白石に、「借りたお金は返せばいい」と軽く言った言葉が白石君の気持ちを逆なでしてしまい、「朝になったら出て行って下さい」と言われちゃった一美。

 白石君、オムオムから借金は、人に背負わせればいいと言って紙(契約書)を渡されてましたが、なんと、そこに一美の印を押しちゃいましたね(一美も気付いてたようで)

 しかし、朝には、ビリビリに紙を破いた白石。

 オムオムの所に、自分の借金を返済しにきた一美は、白石が来なかったと聞き、白石の1000万の借金を自分が肩代わりすると言ったようですね(また、なんでね~100万は、あっという間に返済できましたが・・ってすごい事ですよね)
 
 白石の父とまた会えるようにした一美。やっと父に会えた白石。父から借金の肩代わりを一美がしたと聞き、一美に会った白石。

 白石ちゃんの笑顔を見たかったと言う一美。お金の大事さもわかったようですが。白石も一緒に返すからと言って、仲直りしたようですね。

 一美の行為にあきれかえってもう、お前とはつきあわないと言った引田。

 一美は、借金をかかえながら、きちんと就職できるのか?

             チェックしてね♪ 

H20・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。