--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.04

貧乏男子・ボンビーメン・第8話

  オムオム(ユースケ・サンタマリア)のかつて愛した女性が重い病気になって、手術や入院費が払えずに亡くなったっていうのは、本当か?

 白石君(美浦春馬)の父は、家を売った400万の金を一美(小栗旬)に返してくれましたね。
 息子には、パソコンも買ってくれてましたね。
 白石君、パソコン関係の仕事をしたいと思うようになって、大検にも挑戦すると。

 テルテル(上治雄輔)が、ホストクラブでお客の犬を逃がしてしまってチャぎーとともに、クビにされちゃいましたね。

 一美にバイトで雇ってもらうも、2人は何故かいたずらを。実は、一美の邪魔をしたら、オムオムが喜んでまた雇ってもらえるかと思ったよう。2人にとって、オムオムは夢だと。

 みんなで、犬捜しをはじめましたね。白石君にネットの掲示板で犬を探していると呼びかけてもらいましたね。そして、見つかりましたね。

 しかし、オムオムは、犬を見つけたのがテルテル達でなくて、一美だと知ると、2人に戻りたいなんて虫がよすぎるんじゃないかと。しかし、一美からも頼んでまた、雇ってもらえる事に。
 オムオムは代わりはいくらでもいると言いましたが、無性に腹が立ったから怒っていいですか?と一美。
 オムオムの肖像画に落書きまで。

 しかし、反対に一美に怒り、そのオムオムを抱きしめてやった一美(オムオムになんと大胆な~)

 そして、オムオムから最後の戦いをしようと一美に。2人のすべてをかけて戦う事に。

 一美の借金は111万で、はじめの借金と同じ額に減ってましたね。すごいですよね。

                  チェックしてね♪

H20・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。