--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.17

薔薇のない花屋・第9話&10話

  第9話「衝撃すべての真実」&第10話

 英治(香取慎吾)と同じ名もなき戦士だった舜(玉山鉄二)が海外から、安西(三浦友和)に呼ばれて来ましたね。
 美桜(竹内結子)の父の手術は、彼がするのですね。

 英治が薔薇の花を売っていなかったのは、自分達が薔薇のようにトゲがあるから自分を売ることはしないからだと舜が言ってましたが、そうだったのか、なるほどって思いましたね。

 四条(寺島進)は、英治のお金を取り戻すことに成功して、帰ってきましたね。
 お金を受け取った英治。
 雫の母は、小野先生(釈由美子)と同じ大学出身だったのですね。

 雫が英治の子供でないことがみんなの知るところに。

 美桜に自分の気持ちを告白しようとしていた英治でしたが、美桜からは、別れを告げられ、出て行ってしまいましたね。

 舜が雫の父親だと安西他、みんな知ることに。

 舜と2人きりで話をした小野先生。

 パン屋の奥さんに引き取られた舜・・・でも最初は、英治の方が引きとられるはずだった・・英治が暴れたせいで舜に・・暴れたのは、舜が頼んだから・・それから舜は英治の事だけ信じるようになったと。

 英治と舜の性格は正反対のようですね。

 直哉は、捕まってボコボコにされて、あちこちかけるも相手にされず、英治に電話するも本当の事を言わず(でも、英治は、直哉がお金を必要としているとわかったのですが・・直哉は、覚悟してかけたようですね)

 お金を持って駆けつけた英治・・直哉は、無事だったのですね。

 雫が自分の子どもだと知った舜・・安西を怒らせ、今すぐ出て行けと言われた舜は、出て行ってしまいましたね。

 そして、美桜の父の手術を安西が行うことに。やはり、途中で手術できなくなりましたね。
 美桜は、思いあまって英治に「助けて、あなたしかいないの」と。

 成田空港に行こうとしていた舜をぎりぎり、引き止めた英治。
 自分の生き方は、変えれないと舜・・娘に自分が本当の父じゃないと電話してみたらどうなんだと言う舜(汚い奴ですね舜は・・残酷な事を平気で告げろだなんて・・もっと雫が大きくなってからでもいいだろうに)

 来週は最終回・・「美桜をひとりにしないで~~お父さん!」と美桜が絶叫してましたが舜は、病院に来なかったのか?美桜と英治の恋の行方は?雫と英治の関係は?

 まだ、今日、最終回の撮影をしていたようで、ギリギリまで撮影がかかるようですね。

           チェックしてね♪

H20・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。