--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.17

ROOKIES・第7話

  「許されざる敗北」

 はじめの頃、喧嘩シーンが激しくてちょっと、見るのを躊躇していたのですが、第6話の最後から、上地雄輔が出演しているので、見ることに。

 元二コガク野球部で暴行事件をおこし退学した江夏というのが上地雄輔の役どころ。

 今や人気者で野球をやっていた上地君に、オファーがきたのでしょうね。

 不良高校生に絡まれた桧山(川村陽介)。甲子園へ行くためにぐっと我慢して殴られる桧山。そこに現れた江夏が安仁屋(市原隼人)を呼び出し、駆けつけた二コガクナイン。

 侮辱する言葉を吐く江夏にぶちぎれ、殴ろうとする安仁屋。それをとめた桧山の頭上にバットを振り落とそうとする江夏。

 そこに現れた川藤(佐藤隆太)が、野球の試合で決着をつけようと提案。

 江夏のいる目黒川野球部との試合。それは、愚かだった二コガク野球部の亡霊との闘いでもある。

 甲子園経験者の池辺教頭(浅野和之)を監督に迎えて張り切る二コガクナイン。

 ついに目黒川との練習試合がはじまりましたね。

  ※ヘキサゴンでは、おバカキャラの上地君。このドラマでは、悪役の方でこれがまた今までの上地雄輔が演じてなかったようなタイプで、こういう役も演じれるとは、恐るべし。

 役者に、バラエティーに、羞恥心として歌も出して、声優などもやるというマルチ上地にこれからも期待(*^_^*)

                 チェックしてね♪
 

H20・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。