--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

06.18

無理な恋愛・最終回

   仕事をやめて、かえで(夏川結衣)の前から姿を消した立木正午(堺正章)。
 
 海辺の街をぶらついて、元部下の菊原(坂口憲二)に偶然、出会った正午でしたが、彼から立木さんには、音楽しかないでしょって言われちゃいましたね。

 2人でインデーズをやろうと意気投合。新レーベル・チャッピーズをスタートさせ、アーティストを発掘しようと海辺の町でオーディションを開催して、新人発掘に張り切る。

 ZUKANのCDチャートが急上昇して、正午を迎えにきた祥子(青木さやか)と矢代(田中圭)でしたが、もう戻る気はないと正午。

 矢代には、正午の娘の朝子(小嶋陽菜)が彼女になってあげるって・・良かったですね。

 ついに売り出す新人が決定しましたね。

 1年後・・かえでは出演した映画が封切りになり、正午は新人を売り出すためにレコード店などを廻る日々。

 律子(鈴木砂羽)は、臨月を迎えて水田(福田充徳)と結婚式を。水田さん、ここでも帽子なの~

 かえでが小さな映画祭の助演女優賞に選ばれる事に。

 龍彦(徳井義実)は、正午の存在の大きさを知り、いじけてましたね。

 正午は菊原に、60代には60代の楽しさがある・・年を取る事を恐れちゃいけない、そして、生きるために恋をしようと。片思いなど、相手によく思われようとするのはすごくエネルギーがいるから、生きる活力になると・・これは、覚えておこう~~

 龍彦は、武蔵野祭授賞式でかえでに、客席からプロポーズしようと考えてましたが・・スピーチでかえでは、「理想とか夢とかは、思い浮かべて楽しい気持ちになるためにある。落ち込むためにあるのじゃない」とある人から言われたと。

 「その人は、私の大好きな人です」と答えたかえで。

 「かえで~~」と立ち上がって「おっちゃんはさ・・」と、正午の居場所でも言ったであろう龍彦。

 自分から身を引く事に決めた龍彦でしたね。

 海辺で正午に「一緒にいてください」とかえで。「いいの僕で」「立木さんがいいんです」
 「本当?」「立木さんが生きてる間だけでいいですから」
 「あのね~かえでさん、いいの?長いよう、まだまだ僕の人生」「はい」

 ※無理な恋愛じゃあなかったんですね。

              チェックしてね♪ 

H20・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

徳井って…なんだろう…?

BlogPetのうさまる:2008/06/21(土) 12:37:33 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。