--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.10

モンスターペアレント・第2話まで

 最初のモンスターペアレントは、遠足の写真に写っている娘の写真が少ない・・教師は、特定の教師をひいきしていると言って、担任からはずせと要求する母親(木村佳乃)・・・自殺した教師(命はありましたが)・・

  次は、休日の公園でおきたジャングルジムでの出来事。ジャングルジムから落ちた息子のケガは、一緒にいた友達のせいだから、学校の安全配慮が欠けていたからだと訴える川本妙子(南野陽子)

 日曜日に起きたささいな事まで、教師はめんどうみきれないと最初に言った担任の野口(紺野まひる)。

  父親放棄だった父親。

  それらが、重なって、学校側にいろいろと無理な要求をエスカレートさせた母親。

  授業の他にも、答案の採点、連絡帳、持ち帰り仕事など、教師も大変だと言う担任の野口(紺野まひる)。

 けれども、母親に対してまず、しなければならない事があるのではないかと言った樹季(米倉涼子)。

 妙子に、きちんと頭を下げて謝った野口。

 学校での「赤ずきん」の劇では、自分の子供を主役にしろと訴えてくる親達。そして、赤ずきんだらけの劇が・・見れたものではないですね。

 モンスターペアレントは、どこにでもいますよね。

 まだ、独身で子供もいない木村佳乃さんや、南野陽子さんが、モンスターペアレントの役を演じてましたね。

               チェックしてね♪
  

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。