--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

07.15

シバトラ・第2話

  集団リンチとATM強奪など、中高生を使った事件を指示しているのが鬼神という人物。

 その鬼神が通っているかもしれない本牧高校2年B組に今度は、高校生として潜入。

 そのクラスには、美月(大後寿々花)も、通ってましたね。

 1年前の文房具屋での万引きでの誤認逮捕が発端だったようですね。

 刑事の新庄(宮川大輔)が、楠木(川野直輝)のやってないと言う言葉を無視し、彼の友達にも聞いていないのに、聞いたとか言って、彼を犯人扱いしたため、彼は名門校を退学させられてしまった。

 小次郎(藤木直人)は、へルタースケルターの初期のヘッドだったんですね。

 爆弾を学校に仕掛けたと言った楠木。新庄に学校の屋上からバンジージャンプをするように携帯で指示を出したのですが、新庄の代わりに、自分がやると竹虎(小池徹平)。自分の事を信じてほしいと・・(小次郎と白豚(塚地)によって助かりましたね)

 4階の進路指導室に楠木をはめるための爆弾が(彼は爆弾なんて仕掛けてなかったんですね)・・危機一髪、竹虎らによって助かった楠木。やっと、彼から死神の手が消える事に。(白豚、これならできると思うって言ったから簡単にはずせるかと思ったら、違ってましたね)

 結局、楠木が死神かと思ったら、彼も死神から指示されてたんですね。

 死神は、まだ、他にいる~~~

               チェックしてね♪

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。