--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

08.04

Tomorrow・第5話

  「涙の告白~笑顔」

 航平(竹野内豊)と昔、同じ病院にいた脳外科医・安達裕也(袴田吉彦)が、紗綾(緒川たまき)のスカウトにより、やってきましたね。

 彼には、半年前からメスを握れないという秘密が(心機一転して、場所が変われば、メスが握れるかと思ったが、だめでしたね)

 彼は航平の医療ミスの噂を流し、副市長の蓮見(陣内孝則)は、病院の評判を下げるわけにはいかないと航平に病院をやめるように。

 航平が去る日、患者の緊急オペが・・薮内(六角慎司)先生は、もう帰っていない。安達は、やっぱりオペが無理(精神的なものでしたね・・彼は、8年前に航平をやめさせないで下さいと教授に頼んでから、派閥の外へ追いやられ・・彼もずっと、苦しんできたのですね)航平が代わりにオペをしたのですが・・

 辞表を出す安達。

 副市長の娘が逃げた犬を追いかけて、病院の中の閉鎖区域に。彼女に器材がふりかかりそうになり、娘を庇った航平。航平の右腕には、はさみが刺さっていましたね。

 薮内先生は、オペ中、紗綾も出掛けていない。他に移す時間はない。安達にオペをしろと航平。
 自分しかいないという状態でオペが出来た安達。

 去る前に、8年前の真実をきちんと話せと航平に。教授の誤診ミスだったが、海外にいる教授は、オペをやり直すなんてだめだと。それでも、やり直した航平だったが、もう、手遅れで、亡くなってしまった愛子(菅野美穂)の母。

 航平にこれを返すためにこの病院に来たと言う安達。箱の中には、愛子の母が笑っている写真が・・
誰も味方がいないと思ってた病院に、たったひとり味方がいた・・航平の事はきっと一生許せないと思う・・でもあなたも覚悟を決めて・・患者の笑顔のために・・

               チェックしてね♪

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。