--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

09.12

コードブルー・第11話(最終回)

  高速道路トンネル内での多重衝突事故。

 タッチ&ゴーでのドクターヘリでの出動。

 重症度や緊急度によるトリアージタッグ、トンネル内やトンネルの外にも患者がいっぱい。

 恋人や夫がまだ、トンネルの中にいて下敷になっていたり・・

 現場では、人も血液も機材も不足。行かせてほしいと願い出た藤川(浅利陽介)。はじめてのドクターヘリでしたね。

 右腕が使えない黒田(柳葉敏郎)でしたが、指示は的確でしたね。

 そんな時に、消防隊長によるトンネルからの避難指示。トラックからガソリンが漏れ、いつ引火してもおかしくない状況。

 トレーラーの下敷の男性を置いていけば、手遅れになる・・・今なら助けられるから、安全確認後では、助けられないから・・と訴えたのは白石(新垣結衣)でしたね。

 後、10分だけやってみようと藍沢(山下智久)の提案で残る事に。ドクター達は、全員、無事に帰還できましたね。

 それでも、死者や重傷者がいましたね。

 黒田の息子の健一が転院する事に。健一は、黒田に「お父さん、今度試合見に来てよ、バスケ」と言って、黒田が父親だと母親から知らされていたのですね。

 アメリカに行く前に息子に会えた黒田は、生きてて良かったと感激。

 やはり、レスキューの制止を振り切ってトンネル内で治療を続けた事が問題になりましたね。

 それでも、白石に、もう事故の事は気に病む必要はない。ドクターヘリにもいっぱい乗れと言った黒田。白石は、辞職する気はもうありませんでしたね。

 名医とは何か?・・まだ答えが見つからない藍沢・・死ぬまでの時間をほんの少し延ばすだけかもしれない・・けれど、そのわずかな時間が時に人生を変える事もあると黒田。

 黒田の存在は大きいですね。

 ※これで終わりかと思ったら、この続きが、来年の春にスペシャルで見られますね。

 連続ドラマのクランクアップ後に、引き続き撮影をしていて、10月上旬には、撮り終わると。

 連続ドラマとしては、最終回でしたね。

 藍沢と祖母の絹江との関係はどうなるか・・気になりますね。

           チェックしてね♪

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。