--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.04

太陽と海の教室・最終回

  今更ながら、昨日、録画しておいたこのドラマをやっと見ました。

 未履修問題で対立する櫻井(織田裕二)と理事長(小日向文世)。

 補習は必要だが、今更、受けるのもって感じの生徒達。

 櫻井は、他の教師に補習を頼んだり、1人で体育の補習と称して、走ったり。

 今までの櫻井の教えから、全員で補習を受ける事にした生徒達。

 凛久(北乃きい)は、洋貴(岡田将生)が、一緒の大学に行かず、目的を持って別の大学を受験すると聞き、動揺。

 このまま、みんなとずっと一緒にいたい凛久。

 そして、日輪祭の準備をはじめた生徒達。

 未履修問題の責任から、学校を去っていった理事長。

 3年1組の担任に戻った櫻井は、10年後の自分をみんなに想像させることに。

 そして、10年かけて”君たちは誰だ”を解いてほしいと問題を出しましたね。

 日輪祭・・1人1人名前を呼ぶ櫻井。モニュメントに思い思いの10年後を書いたプレートを掲げる生徒達。

 次原雪乃(大政絢)も、来ましたね。あっさり、みんなに許され、仲間となった彼女。

 モニュメントに火が放たれた時は、すごく燃えて驚きました。

 そして、みんな無事に卒業でしたね。

 ※”太陽と海の教室”・・・あまり、心に響いて来ないのは、何故かな・・

          チェックしてね♪

H20・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

きょうは録画すればよかった?

BlogPetのうさまる:2008/10/05(日) 14:15:19 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。