--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.24

流星の絆・第2話

  「傘と似顔絵と謎の女」

 事件の日と現代を行ったり来たりで、事件の日は暗く、現代になると明るくって感じですね。

 事件の夜には、犯人の物と思われる傘が置いてありましたね。

 静奈(戸田恵梨香)は、仕事をやめて、仕事捜しで面接するも、採用されず、あげくにケバイ化粧をされて帰ってきましたね。

 泰輔(錦戸亮)のバイトの店に、高山(桐谷健太)がやってきましたが、ケバイ化粧の静奈に気付かなかったようですね。

 刑事の柏原(三浦友和)と萩村(設楽統)が功一(二宮和也)に、事件の日の似顔絵に似た男の情報を持ってきて、男の顔を確かめてもらうために、泰輔の居場所を聞くも、知らないと言い張る功一。

 自分達で捕まえるつもりの功一でしたから。

 子供の頃に、父親から直にハヤシライスの作り方を教えてもらった事のある功一は、いつも来る行成(要潤)のために、寝ないで、父親のレシピを見てハヤシライスを作ったのに、肝心の行成は、朝から食べれるかと言って、ジョージの作った賄いハヤシライスの方を食べるとは(理解不明な人~~)

 またまた、妄想係長の高山を主役に、入院した病院に、看護師として、ドSの高山に対して、更にSで接した静奈が(もちろん、地味ではない)。彼女にやられた高山を見事にだます事が出来るのか?

 前編はやっぱり、功一の案でしたね。後編に続く~~

        チェックしてね♪

流星の絆
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。