--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.25

ブラッディ・マンデイ・第3話

  藤丸(三浦春馬)は、音弥(佐藤健)に電話をかけたと思っていたら、THIRD-iの方にかけてたんですね。しかも、電話は切らずにつなぎっぱなしで。

 折原(吉瀬美智子)との会話は、全部筒抜けで、助かった藤丸。

 ウイルスに感染したはずの看護師は、発病はしているものの、増殖しない・・感染した後に行った何かが効いているようだが。それが何か?

 敷村(神保悟志)と連絡を取り合った高木(田中哲司)でしたが、その敷村は、連れ去られ、南海(芦名星)は、ダメージを受けて・・

 折原は、警察に捕獲され、テロ組織についての尋問を受けるも、拷問に耐えて屈せず。しかし、藤丸の同行を条件にテロリストのアジトへ案内すると言い出しましたね。

 謎の男(成宮寛貴)が、新聞部のメンバーに近づいて来ましたね。

 藤丸の父も、加納(松重豊)と室生(片瀬那奈)のどちらかも私の仲間だと車の中で藤丸に言う折原マヤ。(何だかみんな怪しく思えてしまう)

 藤丸は、加納がスパイだと、宝生と霧島(吉沢悠)にメールを送りましたが(本当にそう思って送ったのか?)

 やっぱり、加納がスパイではなく、宝生の方がスパイでしたね。メールには、”ほうしょうがてき”だと
わかるようになってたんですね。

 敵のアジトに一緒に乗り込もうとした宝生に銃を向けた加納。宝生が投げた銃を拾って、宝生に銃を向けた藤丸(トンネルの中で追って来る敵の車が暗いにもかかわらず、水色だと言ったのが決め手だったよう)

 宝生は、妹にやさしくしてくれていたからちょっと、ショックですね。

 警官が、自分の妻の浮気相手を殺ってほしいと神島(嶋田久作)に頼んだのですが、外に出る事なく誰かと連絡を取る事なく、そんな事が出来るのか?

 しかし、その浮気相手の男が亡くなったとニュースが・・・謎ですね。

 鎖でつながれていたはずの折原が、鎖をはずして(しっかり、つないでなかったんですね)

 折原に殴られ、銃を落としてしまった加納、その銃を宝生が拾い、加納に向けて発砲。倒れた加納の命は?

 ※今週もあいかわらず、スピード感があって、はらはらして面白かったです。

           チェックしてね♪ 

H20・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。