--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

10.26

SCANDAL・第2話

  理佐子(戸田菜穂)の失踪・・画家と小説家の妻が同じように今年になってから失踪しているらしい・・何故か?

 主婦といっても、警察に事情聴取に行くだけでも、きちんとした服装でやっぱり、レベルが違う。

 いじめられっ子(長谷川京子)、女番長(桃井かおり)、生徒会長(鈴木京香)、可愛い転校生(吹石一恵)って設定、面白いですね。

 ※人のいい役の多かった小日向さんが、最近は、とってもくせのある役をやってますね。

 事情聴取1人目のひとみ(長谷川京子)は、理佐子が大嫌いだったと。ひとみが高校受験の時、理佐子が大学生で、家庭教師をしてもらっていたが、兄に色目を使うばかりで全然、教えてくれず、母に言って、やめてもらったと。

 本来なら結婚式には、呼ばれないはずだが・・同郷なら同級生とか呼ぶでしょうに・・

 2人目の真由子(吹石一恵)は、旅行先で知り合った理佐子と結婚するまで何度が会っていたが、結婚してからは、会ってなかったと・・理由は生活のレベルが違ってきたからだと・・自分は何でも買ってもらえるから(刑事の勝沼(小日向文世)が、このご時世だから、外で言わない方がいいって言って、殴られるかもしれないって言ったのがおかしかった)

 3人目のたまき(桃井かおり)は、証券会社で後輩だったと。彼女がやめてからは、会ってなかったと。短い間のつきあいだったのに呼ばれたのは、やっぱり不思議だったよう。

 4人目で聴取受けるはずの貴子(鈴木京香)は、理佐子の結婚相手の久木田(加藤虎之介)から、CAの時に、自分の夫と理佐子が先につきあっていたと聞き、動揺して聴取も受けずに帰ってしまった。夫は、浮気しているような・・

 ひとみも真由子も、前に知り合った男性の職場を訪ねてましたね。

 たまきは、部屋にひきこもりの息子がいて、叫びたい気持ちでしたね。

 貴子に理佐子からかかってきた電話・・・でもすぐ切れて・・かけなおすと理佐子ではなく・・誰?

                チェックしてね♪

H20・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。