--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

11.02

スクラップ・ティーチャー・第4話

「最弱ランナー・涙のゴール」 

毎年恒例の区立中学対抗のマラソン大会・・自分のクラスから選手を出すことにした虎之助(上地雄輔)。走る事になったのは、走るのが苦手な木ノ内(伊東誠)。俺なんかでよければって言っちゃったからね。何かをやり遂げたい木ノ内。

 合唱部に入った高杉(山田涼介)は、1人だとうまく歌えるのに、誰かと一緒だと、音程はずれまくりでおかしい~~

 久坂(中島裕翔)が、木ノ内の練習につきあってましたね。

 この学校では、宿題を出すと親からクレームがきちゃうのですね(塾が忙しいからって)

 自営業で父親が入院中のため、家の手伝いをしなくちゃならないが、トレーニングのために、寝坊して出来なかったために、やめさせるよう苦情を言ってきた木ノ内の母親。

 虎之助が目障りな松尾(向井理)は、教頭(六角精児)に指導力不足と教育委員会に報告してはと提案を。虎之助に、木ノ内のトレーニングをやめさせれなければ、指導力不足として教育委員会に報告すると教頭。

 木ノ内のために特別トレーニングを考えた入江(有岡大貴)と吉田(知念侑李)の2人は、遅くまで一緒にトレーニングを・・まだ帰ってきてないと苦情の電話が母親から・・けれど、久坂達クラスのメンバーが木ノ内の弁当屋を手伝いに行ってましたね。

 教頭にトレーニングを続けさせてほしいと懇願する虎之助でしたが、今度は、弁当屋を手伝った生徒の親から苦情がきてて・・教師をやめる事になっても今この時を取ると熱く言っちゃった虎之助。

 朝は誰よりも早くきて、帰りは、誰よりも遅くまで学校にいて、苦情の尻拭いをさせられる教頭は、虎之助を絶対やめさせてやると報告書を作成(その様子を見てたのは高杉)

 次の日、1時間目の授業がないからと、弁当屋を手伝った生徒の親に謝りに回る虎之助。

 高杉は、放課後に教頭を呼び出し、全国私立中学入試問題集を吉田(左利きなんですね)と対決させる。5問中4問不正解の教頭。最後の問題は、”捏造”の意味を答えろと言うもの。高杉は、教頭の捏造した報告書の事を問う。

 虎之助の熱さに嫉妬してやったんだろうと高杉。

 そして、マラソン大会が・・途中で転んでしまった木ノ内・・怪我をした木ノ内は、途端に走れなくなり足をひきずりながら歩く事に(あの転び方で全然走れなくなるって・・)

 虎之助はゴールで待っていると木ノ内と約束したものだから、覚悟を決めた。また高杉が警察を動かすという手段を選ばない方法をしましたね(あんたは、何者)

 ゴールで生徒達にハンカチでゴールテープを作らせた滝(加藤あい)。彼女もかなり熱血の影響がきてますね。そして、ついに木ノ内の姿が・・

 影で見ていた教頭は、捏造の報告書を破ることに。

 スーパー中学生の助けもあって、スクラップティーチャーも少しずつ変わっていってるようですね。でもでも、大多数の教師はまだまだ、ダメ教師。

                     チェックしてね♪
 

H20・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

合唱するの?

BlogPetのうさまる:2008/11/02(日) 14:15:13 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。