--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

11.13

チーム・バチスタの栄光・第5話

   患者が亡くなるバチスタ手術の日に、殺人予告として、バラの花が置かれるらしい。

  そのバラを置いたのは、大友(釈由美子)だと。

けれど、彼女が置いたのは、ケース27の術死後に弔いのために置いたのみだった。

   その後、ケース29、30、31と2人目の術死の患者の手術前から、バラの花が置かれるようになったが、それは、誰だかわかっていない。

   殺人予告のようだと言って、報告しようとした大友に、疑われるからやめた方がいいと言ったのは、氷室(城田優)で、バラの花を捨ててましたね。

   田口(伊藤淳史)は、白鳥(仲村トオル)に、助手をやめさせられましたね。

   次のバチスタ手術が決まってましたが、その患者の容態が急変して、緊急手術が行われる事に。けれど、緊急のはずなのに、その手術前にまたもや置かれたバラの花・・・・いったい、誰が?

  来週は、ついに犯人がわかるらしい・・・原作とは違う犯人らしいので誰なのか気になります。

              チェックしてね♪
  

H20・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

予告するの?

BlogPetのうさまる:2008/11/16(日) 14:39:38 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。