--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.11

僕の歩く道・第1話

 ”僕”シリーズ最終章。

 脚本・・橋部敦子
 演出・・星護ほか
 主題歌・・「ありがとう」SMAP

大竹輝明(自閉症の青年)・・草剛
松田都古(獣医・輝明の幼馴染)・・香里奈
大竹里江(輝明の母)・・長山藍子
大竹秀冶(輝明の兄)・・佐々木蔵之介
大竹真樹(輝明の義姉)・森口瑤子
大竹厚幸太郎(輝明の甥)・須賀健太
大竹りな(輝明の妹)・・本仮屋ユイカ
堀田丈二(輝明の主治医・精神科医)・加藤浩次
久保良介(動物園の園長)・・大杉漣
大石千晶(都古の高校時代からの友人)・MEGUMI
古賀年雄(飼育係)・・小日向文世
三浦広之(飼育係)・・田中圭
河原雅也(都古の不倫相手)・・葛山信吾

   ー第1話ー

 輝明は周囲の理解をえられず、嫌な事を言われたりして、職を転々としていた。先天性障害で10歳児程度の知能しかない31歳の彼。もう、働かないと言っていたが幼馴染の都古の働く動物園で働かないかと誘われると働くと。

 園長の久保(大杉漣)からとりあえず、2週間働いてみてと言われた輝。

 輝明の兄夫婦は教育熱心で、晩御飯をいっぱい食べると、脳が働かなくなるからと息子にも徹底。
 食器洗い乾燥機があるのに自分の茶碗などを洗いなさいと言われ、不思議がる幸太郎。
 兄嫁の真樹(森口瑤子)はすごいですね。

輝にはいろいろ、彼なりのこだわりが。
掃除も指示しないと、掃けないし、終わりを教えないと何時間でも履く。
カレーはやっぱりチキンカレー(からあげ上に乗せたらOK)。
2センチの幅に切ってと言ったら、ものさしを当てて、2センチの幅に全部切る。
都古ちゃんへではじまって3行の手紙を毎日欠かさず、送る。

その都古には不倫相手がいた。彼(葛山信吾)も、獣医。

数日後、勤務中に風船の割れる音に驚いた輝は担当のネズミを逃がしてしまった。みんな、一生懸命捜す中、輝はいつもの帰る時間になって、帰ってしまった。1匹だけ、見つからない。

都古は彼が来る日だったが、ネズミがみつかったが様子が変だからと三浦(田中圭)に来てほしいと言われ、彼からは都合が悪くなって来れないと言われ、彼に会えなくなって、いらついていて、夜、輝に会った時に、輝に怒ってしまった。

「輝のせいでしょ。輝がミーナを逃がしたからいけないの・・」
けっして、都古は怒らないと思っていた輝は、ショックを。

※自閉症にもいろいろな症状があって人それぞれだと思いますが、一緒に働く人もそれなりに理解を持って接してあげないといけなくて大変ですね。予期せぬ事が起こるとパニックになったりもするようで。

 草剛君も好演していましたね。

                   チェックしてね♪

H18・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

お久しぶりです。^^
お元気ですか?私は元気です。ははは
今度秋ドラマは面白いドラマがたくさんありますね。
でも私来月大学試験のために見ていないです。T-T試験が終わったら全部見るつもりです。

また、来ます!
風邪に引かないように気をつけてください。^^

so young:2006/10/19(木) 20:53:07 | URL | [編集]

so youngさん こんばんわ(#^.^#)

 元気でしたか?また、来てくれてうれしいです。
 来月、大学受験のためにドラマ見ていないとは、すごく頑張ってますね。
 大学に合格したら、いっぱい見てくださいね
 so youngさんこそ、風邪ひかないように気をつけて、合格できますように祈ってます。

おじゃうさ丸★:2006/10/20(金) 18:26:52 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。