--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

11.30

Room of king・最終回

    少し、見てなかったのですが、9人目の住人として、ヒッピーのような格好の男・高草木空=大自然(大倉孝二)がいたのですね。

 king発表まで後3日に。

 京子(井川遥)は、はじめての出産を扱うことにしましたね。

 朝子(鈴木杏)は、細野(平山広行)の企画で銀幕デビュー&ヘキサゴンにも出演が決定。

 田中正一=ロクさん(深田敦)には、”オタク的キャンプ生活inアフリカ”(サバンナ)をやらないかとの話が。
 
 高草木空は、ドンマルクという王国の女性(片瀬那奈)から、一緒に来てほしいと。彼の描いた絵も王室からの依頼らしく、リムジンで出掛けましたね。

 外資系映画配給会社の男から細野の企画する映画に10億円の出資話も入り、朝子は、10億円映画の主演女優ということに。

 マジマックス(渡部篤郎)は、妊婦用のマタニティーウエアを作りましたね。

 明日がkingの発表の前日、鍋を囲む住人(高草木空以外は)

 そして、発表当時の12時、部屋に行くが誰もいない。不動産屋で、KING達の代わりに彼らの様子を観察する住人達。そして、ずっと待っていると現れたのは、高草木空だった。

  発表しますkingは(ってここでCM・・もたせるよね~)

 kingは、高草木空に。ドンマルク王国の王女に見初められて結婚すると。外国の王様に。
 ルームオブキングの鍵を渡されるも、お城に住むからいらないと(逆転ホームランですね)

 もりじ(水嶋ヒロ)は、”人を変えるのは、自然じゃなくて人でしょ大自然さん”って言ってましたね。

   そして、1年後・・キングをペンション代わりにして集まった元住人達。

 みんな、仕事でも関わってましたね。そして、ドンマルク王国の式典へとリムジンで。

 ※ルームシェアは、楽しそうでしたね。でも、kingが後半に出た高草木空っていうのはどうなんでしょうか?しかも、ドンマルク王国の王女は、誰って感じで最後ムチャ走りした感じですかね。

               チェックしてね♪
 

H20・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。