--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

12.06

ブラッディ・マンデイ・第9話

  拘置所は、襲撃され、教祖が戻ったテロリスト集団。

 英は、抗ウイルス剤が間に合わず、亡くなり、代わりに、テロリストによってウイルスに感染させられた加納(松重豊)が、彼に与えるために残っていた分を投与され、助かりました。

 J(成宮寛貴)は、教祖を父と呼んでましたね。

 そして、”最後の月曜日”がやってきて、テロリスト達があちこちで動き出した。

 テロリストを捕まえるべく、手助けをする藤丸(三浦春馬)。

 1人は循環バスの中・・けれどもそこには、加納がいた。

 タクシーに乗った2人の女性も確保。

 残り2つになってきた・・・ホテルにいたはずの男がいない・・・車の中の者達もパソコンを置いたまま、消えていた。

 ホテルから、消えた男は、警察官の格好をして、「祝杯は中止だ」との指図を「断る」と言ってウイルスをばら撒こうとしましたが、失敗。

 計画は中止になったJは、Kにごめんと。果たしてKは、誰か?

 Kは、今こそ宝石箱を開ける時だと・・

 そして、藤丸の留守に家に上がりこんで妹とトランプをしていたJ・・・彼は、音弥(佐藤健)と兄弟だと藤丸に・・

 教祖に銃をむけたマヤ(吉瀬美智子)。

 誰が善か?誰が悪か?わからなくなってきました(>_<)

                        チェックしてね♪

H20・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

おじゃうさが襲撃したの?

BlogPetのうさまる:2008/12/07(日) 14:23:18 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。