--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

12.16

セレブと貧乏太郎・第10話

  「さよなら太郎前編」

後藤田(柏原崇)は、美田園ホールディングスを買収して、アリス(上戸彩)と真紀子(若村麻由美)は、一文無しに。

 商店街のみんなもバラバラに。

 アリスのいたスイートルームには、後藤田が。

 幸子(国仲涼子)は、そんな後藤田にビンタをしましたが、それなのに後藤田の秘書になったり。

 アリスと真紀子は、キャバレーでデュエットをしてお金を稼いでましたね。真紀子と同じような格好をして、ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」を歌い、夜食は、ラーメンだったり、狭いアパートで掛け布団1枚で寝るアリスと真紀子。

 貧乏になってから、アリスと真紀子は、結構うまがあってる感じですね。っていうか似てるみたいな。

 後藤田をギャフンと言わせたい太郎(上地雄輔)でしたが、反対に後藤田に逆襲される始末。

 アリスと真紀子は、後藤田の前で歌わされ、そこに連れてこられた太郎。郡司(風間杜夫)は、後藤田に雇ってほしいと頼みましたが、何か考えがありそう・・ってスパイだとばれ、反対に僕のスパイになってと後藤田に言われていましたが・・

 太郎は、がむしゃらに働いてましたね。

 ソフトバンクの兄ちゃんが出てましたが、日本語で話しているのに字幕が出るってどういうこと~~

 商店街のみんなが太郎の元に集まりましたね。そして、アリスと真紀子も・・

 「さぁ~~時が来たわよ」って・・
 
 来週の予告で、太郎が死んだ?ってどういう展開?

               チェックしてね♪

セレブと貧乏太郎
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。