--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

12.23

SCANDAL・最終話

  教会で理佐子(戸田奈穂)に会った貴子(鈴木京香)達。

 理佐子が「勝った」と言ったのは、誰にも負けない愛情を手に入れたからだったよう・・

 遅れて教会にやってきたひとみ(長谷川京子)が、夫から聞いた真実をみんなの前で話しはじめましたね。理佐子は、金沢(春田純一)からお金をゆすられていたと・・

 そして、ひとみの夫・雄一(光石研)も、たまき(桃井かおり)の夫・哲夫(石原良純)に真実を話しはじめて・・はじまりは1杯のワインから・・8年前に外資系の銀行の食事会に招かれた雄一と金沢。

 その店に勤めていた理佐子が雄一とひとみが結婚して間もないこともあり、1本10万もするワインを持ってきていた。その店には、原稿を週刊誌に売って食べているフリーライターもいた。そして、3日後に金沢宛に届いた封書。「新生・財務省に期待などできない。高級ワインで大蔵省接待」などという記事が入っており、「この記事、いくらで買いますか?」の紙も入っていた。

 もう一度、理佐子の勤めている店に行き、客の名前を教えてほしいと言った雄一。客のプライバシーは教えられないと理佐子・・「いいから言え。もったいぶるな。誰とでも寝る女だ」と金沢。水をかけた理佐子・・ビンタを張った金沢(なんて奴・・)

 その言葉を聞いていた、店でピアノを弾いていた久木田(加藤虎之助)が「理佐子はそんな女じゃない」と殴って金沢は、鼻の骨が折れる重傷を負った。ピアニストとして留学が決まっていた久木田。前科を作りたくないはずだと裁判にするより、示談にしてお金を記事のもみ消しに使おうと提案した雄一。

 そのお金を払うと理佐子。味をしめた金沢はその後、何度も要求して、久木田と結婚が決まった理佐子に目をつけ、理佐子の過去をネタに脅してきた。ホステスだけでなく、客を取っていた事もあった理佐子。

 金沢を殺害しようと決め、アリバイを作るために、貴子達4人を結婚式に招待した理佐子。ナンパも口実。金沢を殺害して店に戻るつもりだったと・・しかし、殺せず、足を刺して逃げ出したと・・
 
  教会の外には、警察の車が・・

 理佐子は、みんなに話した事は忘れてと言い、久木田を愛しているから二度と彼に会わないとも・・
 彼だけは守りたいと・・そして、逮捕された理佐子・・貴子達4人まで逮捕されちゃった(留と書いたお揃いのジャージ姿でしたね)

 久木田が警察に理佐子に会いたいと来たが・・たまき達は、久木田に会わせてあげてと勝沼(小日向文世)に懇願。その願いが通じて、会わせてやった勝沼。

 「好きでもなんでもなかった」「今度は俺が支えるよ」

 あの夜・・貴子達の事を思い出した理佐子・・もう一度あの輪に戻りたい・・
 戻れるよ・・罪を償えば必ず・・

 殺人未遂で起訴される理佐子・執行猶予は、つかないらしい・・

 貴子達は釈放される事に(足で”おいおい”って貴子にたまきが・・桃井かおりさんの地のままな気がしちゃう^m^)留置所の中で弁当を食べる4人・・やっぱり、私達4人は理佐子に負けたんだと貴子。

 ※理佐子の事があって、それぞれの家庭を見直した4人・・決着の時・・

 礼二(植田浩望)は、ひとみの”薔薇姫の森”サイトを見て「姫、冒険は終わりです。そろそろお城に戻ってください。さよなら」とコメント・・彼は決別して何処かに行くようですね。(やっくん、最終回の出番これだけ・・少ないですね^m^)

ひとみの夫は、恐喝には特設関わっていないから、罪にならなかったが、責任と取ると言う雄一。
 離婚してくれと言う雄一に、財務省をやめたからといって離婚する気はないとひとみ。

 真由子(吹石一恵)は、夫に別れを・・夫・賢治(遠藤憲一)といると成長できないと・・子供が原因じゃないと・・もう少し大人になりたいと・・

 たまきの夫・哲夫は、息子が夫婦の絆だった・・あいつの荷物捨てたよ・・離婚届け後で送るよ・・これから面接行くよ・・家には、帰らずに出て行く哲夫。

 貴子の夫・秀典(沢村一樹)は、やり直そうと・・接待があるからと先に帰った秀典。

 貴子が外に出るとみんなも1人でいて4人がまた、揃いましたね・・そこに来た隼人(細田よしひこ)・・真由子は今すぐには、あなたの所にはいけないと・・

 勝沼が呼び止め、たまきは8歳も下の夫に捨てられたと(8歳も下だったんですね)・・・”気の毒だな・・旦那が・・こんな重い女捨てるの大変だったろうなぁ”・・・”あんたにめちゃくちゃ言われると頭にきて元気でる”・・”俺は54だ、年下じゃない・・”もしかしてあたしの事くどこうとしてる”・・”まさか”・・
 
  二度と会えることないからと握手をしようとたまき・・・ギュッと握った勝沼・・そこに事件の電話が・・・バイバイしたたまき(絶対また会うでしょうね・・この2人(*^_^*)

 そして、また揃った4人は、仲良く帰ることに・・

 ひとみ夫婦は、財務省の宿舎を出る事に・・

 バイトをはじめた真由子・・

 ※女はSCANDALによって美しく輝く・・かもしれない(*^_^*)

 サスペンスっぽくもあり、夫婦の絆だったり、男女の愛だったり、とても楽しめたドラマでした(^^♪

             チェックしてね♪
 

H20・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。