--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

12.25

チーム・バチスタの栄光・最終話

  「わずか3秒の完全犯罪!!今、最も危険なオペが始まる」

 すべては、サザンクロス病院から始まっていた・・ケース1とケース27の違い・・ケース27は、ただの医療ミスではなかった・・医療ミスにみせかけた殺人!

  心臓が必要以上に吊り上げられていた・・目の悪い桐生(伊原剛志)・・鳴海(宮川大輔)も不在・・本来切るべきろころじゃない所を切ってしまっていたらしい・・

 ※そして、バチスタ手術(ケース35)がはじまった・・執刀は、垣谷(鶴見辰吾)!

 サザンクロス病院10年前・・女の子の心臓移植手術を行った桐生・・手術は成功したが、後日、拒絶反応で亡くなった・・その子の父親は垣谷だった。

 バチスタチームに加わった垣谷・・桐生の目が悪いんじゃないかと疑った垣谷は、ケース27でそれを確かめようと(緊急オペ・・鳴海は、渋滞で間にあわない)心臓を必要以上に吊り上げた・・それに気付かずに切除した桐生・・

  ※ケース35の手術・・垣谷の手術は成功かと思われたが・・・SAVE手術を同時に行うと加わった桐生(手術着への着替えすごく早かったですね)・・鳴海の協力を得て垣谷に指示を出す桐生・・そして、手術は成功!(氷室(城田優)の幻を見ていた田口(伊藤淳史)・・

 田口は、ケース27の事を垣谷に聞いた・・・桐生に謝る垣谷(サザンクロスにいた時は目が正常だったと桐生に聞いた垣谷)・・・立証は難しく・・病院をやめた垣谷・・

 残り4件の氷室の件も立証されたのは、1件のみ。

 ★更生労働省・・医療過誤死関連中立的第三者機関・・設置推進準備室・・室長助手・・田口公平

 ぐっちーは、まんまと白鳥(仲村トオル)の策略の餌食かい^m^

 ビデオをすり替えたのは、垣谷だとして、3つ目の怪文書を書いたのは誰か・・謎は解けた~

    なんと、白鳥だった~~~(調査を続けるために書いたもの)

  結局、怪しいと思った鳴海は、犯人じゃなかったのですね(>_<)

              チェックしてね♪

H20・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。