--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

02.06

ラブシャッフル・第4話

  「君を守るのは僕だ」

  ラストシャッフル・啓(玉木宏)と愛留(香里奈)、旺次郎(松田翔太)と海里(吉高由里子)、正人(谷原章介)と玲子(小島聖)、諭吉(DAIGO)と芽衣(貫地谷しほり)のカップル。

 啓と諭吉、愛留と芽衣は、それぞれ友達に。
 海へ行く時に、この2カップルは、出会いましたね。

 海里に死ねるものなら死んでみろとか言ったら、本当に飛び込んじゃって、旺次郎もすぐに飛び込んで助けましたが・・・”お前面白ぇ”って海里を抱き寄せた旺次郎。海里を送って行った旺次郎に「今日は、パパがいない」と言った海里・・2人は、抱き合ったようですね。

 啓と諭吉が買い出しに行っている間に、海にいた愛留と芽衣は、数人の男達に連れ去られてしまうことに・・そこにオートバイに乗った連中が・・啓がそのオートバイ連中に喰ってかかると彼らは、助けた方だった。そして、連れ去った連中は、諭吉が頼んだ男達でしたね。

 啓に颯爽と助けさせるつもりが、あてがはずれて、オートバイ連中ともめることに(旺次郎は、彼等の総長だったようですが・・)会社の名刺を渡して、啓は、その中の1人とさしで後日、勝負することに・・

 正人と玲子も、抱きあう仲に・・

 啓の会社にやってきたオートバイ連中・・そして、1対1で勝負・・仲直りしたようでしたね。

 愛留もまた、啓にほれちゃったようですが・・最後のシャッフルに意味があったのかな?

           チェックしてね♪
  

H21・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。