--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

02.26

トライアングル・第8話

  「アリバイ」

 25年前に佐智絵の遺体を発見した時の出来事をサチ(広末涼子)に話す亮二(江口亮介)。

 後ろから「振り向くな、後ろを振り向いたら殺す」と言う男の声がしたと(声だけでは、誰かわからないのかな・・まだ、小学生だったし)・・家に帰り、兄にすべてを話したが、だまっていた方がいいと言った兄(時効が来るまで)

 上海で亮二の存在に気付いた犯人が亮二を殺そうとしたよう・・信造(北大路欣也)のアリバイを調べる亮二。

 誰も信じないと言った亮二・・対して、人を信じる事から刑事をはじめたと言う丸山(小日向文世)・・その丸山の名前が搭乗者名簿から見つかった・・丸山さえも疑う亮二。

 秋本(佐々木蔵之介)も葛城の父・均(大杉漣)と関係していると言った舜(稲垣吾郎)。秋本も疑う亮二。

 そして、妹の唯衣(相武紗季)が、信造と会っていた所を見てしまった亮二は、二度と会うなと唯衣に言ったが(いったい何を話していたのか)

 葛城均は、偽造パスポートに関わりがあるよう・・・そして、丸山は上海には行かずパチンコをしていた・・黒木は、葛城と会っている・・その均は上海に。

 清子(風吹ジュン)の元に、佐智絵の同級生が、担任の教師から25年前に佐智絵が書いた手紙を預かってもってきましたね・・その手紙には、あざのある男のことだけでなく、亮二のことも初恋だったと書いてあったのですね。

 信じなければ見えてこない・・・25年前に人を信じることをなくした亮二・・そして、信造が亮二の前に現れましたね。

        チェックしてね♪
 

H21・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。