--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

03.17

トライアングル・最終回

  「決着・・終わらない愛と絆」

 亮二(江口洋介)の前に現れた葛城均(大杉漣)。

 亮二は、手土産を持って会いにきたと・・25年前の重大な事実・・認めて下さいと・・

 その2人を狙っていた丸山(小日向文世)・・亮二から話を聞いていた舜(稲垣吾郎)は、背後に・・

 サチ(広末涼子)を撃ったのは、自分だと認めた丸山・・ただし、過失だったと・・そして、25年前の事件は知らないと。

 秋本(佐々木蔵之介)を、25年前に亮二と間違えた男は、交番のおまわりさんだったと・・当時、丸山は交番勤務だった・・

 捕まった丸山・・亮二と丸山を話させてあげてほしいと電話をかけてきた黒木信造(北大路欣也)。八ヶ岳の火災も丸山の仕業らしい・・25年前に亮二が落としたのは、中畑のカードだった(先週、もしやと思いましたね)・・それを知っていた丸山・・しかし、警察が押収していたのは、原のカードだった・・犯人しか知らない事実。

 自分が何もかもやったと丸山・・妹がいると言っていたが、25年前に自殺していた(葛城均のせいらしい)・・25年前、非番だった丸山は、葛城佐智絵をみかけて、殺害した。

 上海に行って、志摩野を殺害して、均に罪をきせようとしたのも丸山だったのですね。
 舜から拳銃を奪って自分を撃とうとしたが、阻止した亮二・・俺を撃てと丸山・・撃とうとするもやめた亮二・・そして可愛そうになと。

 丸山は、亮二、舜と3人で捜査を続けるうちに、他に犯人がいるような気になっていたようですね。
 亮二が調べるのを応援していた丸山でしたが、演技だったのですね。

 警察OBである堂島代議士は、25年前に、犯罪の隠ぺいを引き受けていた・・罪を犯した人間が権力で守られているのはおかしいと警察を告発した舜。

 信造は、刑事をやめることに。告発することによって左遷させられてもまた這い上がると言った舜でしたね。

 そして、亮二はフランスへいくと・・秋本からの手紙には、亮二に自分の人生を生きろと。

 大事な人を亡くしてしまいましたが、やっと事件が決着し、これからは、自分の人生を生きていくのでしょうね。

BBSで誰が犯人か盛り上がってましたが、やっと犯人がわかってすっきりしたでしょうね。ラストの終わり方が、これで良かったのかは、別として。

               チェックしてね♪

H21・冬ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

きのうおじゃうさと、捜査みたいな応援したかったみたい。
でも、介するつもりだった?

BlogPetのうさまる:2009/03/19(木) 15:59:16 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。