--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

03.28

ごくせん3・卒業スペシャル

   ごくせん第3弾の卒業スペシャル~~

「ヤンクミ 最後の卒業式~私はずっとお前たちの先生だ」
 
 卒業まで後9日に・・見本の卒業アルバムを持ち出し、いろいろと思い出に浸る3Dの面々。

 100年に1度の不況(リアルですね)・・就職する者・大学に進学する者・豆腐屋を継ぐ者などいましたが・・

 しか~~し、タチの悪い荒高から2Dに転校してきた高杉怜太(玉森裕太)を中心に反抗的なグループが出来ていて要注意!(またまた玉森君は、ジャニーズJrなのですね)

 彼は大和(高木雄也)の幼なじみでしたね。(しかし、どんだけ不良男子高あるのか・・それも不良達をみんな同じクラスにしちゃうしね^m^)

 そんな時に不況が元で、廉(三浦春馬)と倉木(桐山照史)の就職内定の取り消しの連絡が・・荒れて2Dの高杉達と乱闘騒ぎを起こした倉木たちは、卒業式前日まで自宅謹慎に・・分裂する3D・・

 そんな中、必死で倉木達の就職先探しをするヤンクミ(仲間由紀恵)。

 卒業式の日、全員揃ったが、ヤンクミから強い男とはどういうものかを教えられた高杉が、荒高の卒業生達に抜けたいと申し出たものだから、けじめをつけろと連れ去られるはめに・・そこを目撃した3Dの生徒が大和達に知らせるとあいつの姿は、かつての俺達だと助けに走る大和達3Dの生徒達。

 1、2年の頃のアルバムの大和や廉達は、髪型も違ってもっと悪なイメージだったのが3年の写真では、笑ってましたね。

 大和達を見つけて、ヤンクミに教えるのは、やっぱり熊(脇知弘)

 卒業式の日も、ズボンを穿いていたヤンクミ(後で袴に着替える予定だったが)は、やっぱり走る走る~そして、倉庫の天井をぶち壊して助けに(ラストは派手でしたね)・・ボロボロになりながらも卒業式に出るためにまたまた走る彼等。

 大切なものを守るために闘ったと言うヤンクミの言葉に理事長の赤城(江波杏子)は、式に出るのを許してくれましたね(しかし、3Dの生徒達だけは、最後まで学生服の前をはだけて、他のクラスの生徒達とは、違ってましたね)

 やっぱり、ヤンクミは、袴を穿けなかった(>_<)でも、馬場先生(東幹久)とお揃いにならなくて良かったかも・・壇上から送る言葉を自分の言葉で話したヤンクミ・・そして無事に卒業式を終え・・猿渡教頭(生瀬勝久)は、廉達のために面接してくれる会社を探してくれてましたね(ヤンクミが、頑張って探しても見つけられなかったというのにね)

 ”ありがとうヤンクミ・ありがとう赤銅学院”と書いた幕を校舎に垂れ下げた3Dの生徒達・・これでこそ教師として喜びを感じることが出来ますね。

 ※ちなみに、「メイちゃんの執事」の執事役だった木場・・村山壽太役(友輝壽太)や、青山・・原明大役(真山明大)なども出てたのですね(@_@)

 4月・・新任の校長には、ついに猿渡教頭がなりましたね。そして、3Dの担任には、ヤンクミが・・生徒には、2Dだった高杉らまたまた不良っぽい生徒達が・・

  ※ごくせんが映画となって夏に帰ってくる~ごくせんシリーズの小栗旬や、亀梨、赤西、小池哲平なども出演するらしい~豪華版ごくせん楽しみですね

             チェックしてね♪
 

ごくせん・第3弾
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。