--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

04.25

スマイル

  2話まで見ましたが、日本人とフィリピン人とのハーフ役を演じる松本潤とある出来事を原因で(3、4年前らしい)失声症になった少女を演じる新垣結衣・そして、過去に何かあった目立ちたがりのミーハー弁護士役の中井貴一。

 この3人の笑顔の裏に隠された秘密と過去・傷が3人を結びつけるという骨太で純粋なヒューマンラブストーリー。

 最初は、2015年春・東京拘置所に拘置されているビト(松本潤)と面会に来た一馬(中井貴一)のシーンから。刑が確定してから5年もたっていると。大トロの差し入れはだめでしたね。

 この一馬との出会いも寿司屋の月一タイムサービスでしたね。

 執行猶予中のビトは、保護司の町村フーズ社長(前田吟)の元で働きながら、夜もカフェでバイトを。

 本屋で万引きと間違えられた花(新垣結衣)を助けたビト。

 ビトのバイト先にかつての敵対する不良グループにいた近藤がいましたが、彼は、覚せい剤をタレント・ユキに流していて、その場面を偶然目撃してしまったビト。
 そのユキが逮捕されることに。バックにヤクザが絡んでましたね。

 2000年春・林誠司(小栗旬)と甲斐(松田悟志)ら不良グループとの乱闘シーン。

 ※小栗旬は、主役でなく、とても危険な人物の設定のようですね。おとなしい役から、危険人物の役まで幅広い演技ができ、役柄で同じ人とは思えないほどですね。

 花は、高3で春から、町村フーズで経理を担当することに。ビトに気があるようでしたね。

 警察は、ビトのバイト先を張ってましたね。そして、ついに捜査が入り、ビトのロッカーから覚せい剤が見つかり(近藤にはめられましたね)、警察に連行されるのが嫌で逃げるビト。

 フィリピンに行ったこともないのに、このフィリピン野郎とかひどい言葉を浴びせる刑事。

 かつても冤罪で刑を受けたビト。今度は、私がビトを助けようと、警察や近藤の重要な証拠をつかんだ花。近藤が覚せい剤を渡しているところを捉え、見つかって、逃げながらも、その証拠を一馬の携帯に送った花。危機一髪、一馬が警官を連れて現れ助かりましたね。

 一馬のおかげで、釈放されたビトでしたが、今度は、配達先の小学校で食中毒事件が・・

 花の知り合い(?)の男性は、その小学校で見かけましたが、花とどういう関係だったのか?

 ※フィリピン人と日本人のハーフ役で、見た目が本当にそう見えてしまう松本潤君。花男のおぼっちゃまとは、対照的な、役柄を見事に演じてましたね。
 差別や、偏見など、弱者が生きにくい世の中だからこそ、スマイルでいようっていうドラマですね。

  いしだあゆみさんが、とても痩せていて気になりました(>_<)

        チェックしてね♪

H21・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

東京って…なんだろう…?

BlogPetのうさまる:2009/04/28(火) 15:23:09 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。