--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

04.30

ザ・クイズショウ

  このドラマは、2話まで見ましたが、面白いですね。

  一瞬、普通のクイズ番組かと思ったら、違ってたっていう感じのドラマで、記憶喪失の名物司会者・神山(桜井翔)と、敏腕ディレクター・本間(横山裕)との関係が気になりますね。

 第1話のゲストは、ロックミュージシャンで、今は落ち目の安藤康介(哀川翔)で、彼の殺人を生放送で暴いちゃいましたね。これが現実だったらすごい反響でしょうね。

 第2話では、今流行りのケータイ小説家のミカ(美波)がゲストとして登場!

 病気の母に、小説家としてデビューすると夢を語ったミカでしたがその夢は、デビューこそすれ、ケータイ小説を書いていたのは、所属会社社長の川上だった。

 母は、亡くなる前に、”ミカの書いた小説面白かったよ”と言って亡くなり、本当は、自分が書いた小説でなかったとは、言えずじまいだった。

 自分の小説を書くのが夢だと言って、ファンを怒らせたミカ・・またまた、生放送で重大な事実が判明しちゃいましたね。

 ※”ドリ~~~~ムチャ~~ンス”と軽快にテレビで言う神山とベッドでうなされている神山とは、すごいギャップですね。その役を見事に演じ分けている桜井君。

 そして、まだ、若いだろうに敏腕ディレクター役っていう横山君・・バナナを食べて5キロ痩せたそうで、普段の関ジャニ∞の横山キャラとは、かなり違いますね。ドラマでの横山君は、クールで格好良くみえますね。

 冴島プロデューサー(真矢みき)の娘役で、大橋のぞみちゃんが出演。ドラマのかけもちだなんて、まだまだ子供なのに、将来が楽しみですね。

  第3話も楽しみです。

                チェックしてね♪
 

H21・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。