--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

05.22

BOSS・第6話

   「天使?悪魔?天才少女の罠」

 名門私立女子高校で、体育教師の増岡が自宅で殺害された。

 「どうしよう・・私、先生を殺しちゃった」と由貴に相談の女子生徒。

 かつて増岡先生とつきあっていた秀才の由貴(志田未来)が警察から事情聴取を受けることに・・

 彼女は、絵里子(天海祐希)に、おばさんなどと連呼したり、他の刑事にも失礼な言葉をばんばん言って、たじろがせたり・・すご~く生意気っぽかったり、逆に相談にのったり・・

 殺害されたと思われる時間に、増岡の自宅を訪れた女性同僚教師の二宮奈津子が見つかりましたが、どうやら彼女は、シロのよう・・そして、更に沙織(水沢奈子)が増岡とつきあっていたことがわかり、彼女にポリグラフ(嘘発見器)を受けさせることに・・

 佐織のポリグラフがはじまったが・・本命は、由貴の方だった・・それに気付いた由貴は、怒って帰ったが・・(殺害時間がずれていたことがわかり、アリバイのあった由貴でも殺害可能だとわかったよう)

 またまた、聴取を受ける由貴・・いろいろ殺害時間を工作したのだがその時は、まだ息があったのですね・・日記を見つけ、それを読んだ由貴は、一撃を与え、絶命させた・・

 漂白剤をまいていたのですが、古い血と新しい血に漂白剤がまざって、それが証拠になることに・・
 
 沙織からも、本当の事を聞いていたのですね。

 増岡の日記がなくなったと由貴に伝え、豊洲のスポーツクラブに奈津子が通っていたことも教えていた絵里子。

 動機は、自分が軽んじられたからだろうと・・写真に写っていた増岡と奈津子の写真・・実は、由貴も増岡とデートした場所だった・・由貴とのデートは下見だったのだろうと・・証拠の写真も見せましたね。

 そして、増岡の日記のノートが、絵里子のロッカーに入っていたと・・奈津子は、店が違っていたが、自分の店を教えた絵里子・・・奈津子のロッカーに自分の名前を上から貼ったと・・由貴が来た時に異常な、カメラ撮りしてましたね・・

 見事にはまった由貴!

 ノートには、沙織のことも、他の女のこともいろいろ書かれてあったが、私のことは、ひとことも書かれてなかった・・それが許せなかった(天才少女も恋には弱かった・・あんな男のせいで人生を棒にふるなんて)

 由貴は、捕まるのはわかりますが、はじめに殴った沙織は、おとがめなしなのかな・・あきらかに彼女にも殺意があったというのに・・

                チェックしてね♪
 

H21・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。