--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

06.01

魔女裁判・第4話&第5話

  第5回公判で、検事側の証人として、被害者の弟・東条ホールディングス社長の東条英彦(浜田晃)が証言台に・・遺言の1週間後に、事件が起きたのは、おかしい・・遺産目当てに殺したと思うと・・

 黒川(鈴木亮平)のシナリオ通りに、みんな鏡子が無罪だと言いあう・・徹(生田斗真)にも、無罪にしろと電話がかかってきたり・・

 徹は、事件記者の恋人が、鏡子(石田ゆり子)が有罪らしい情報を得たらしいと嘘をつき、脅迫者の仲間をおびき寄せ、田所(中村靖日)から、事情を聞いた(黒川は、すべて話していいと)

 ※本来の魔女裁判の意味は、無罪の人間を大勢で有罪にして、火あぶりにしたというもの

 香織(比嘉愛未)は、再度、鏡子に接見・・・信じていた英彦に裏切られたと・・遺産が絡むと人は変わると・・その英彦は、事件の1ヶ月前に、総一郎が英彦に会社資金の使い込みを非難していた所を遥(忽那汐里)に見られていた・・その事を知った香織。

 そして、評価が突然、変わった・・・いずみ(加藤あい)のために、無罪に手を上げたのは、徹と相馬だけ。黒川が裏切り、英彦側に寝返った・・

 それを知った鏡子は、自殺を・・(ボタンひとつで自殺できてしまうのですね)

 魔女が裏切られたのでは・・と気付いた徹といずみ。

 黒川は、病院の鏡子の病室の中にまで、カメラをセットして(こんなに簡単にセットされちゃって、セキュリティは、どうなっているのか?)

 鏡子の病室への入室が許可された香織・・・いずみも見舞いに来たが入れず、香織に花を託したが、その花をごみ箱に捨てた香織(女の嫉妬は怖い)

 病院で偶然、いずみと会った徹は、昼ごはんをおごると・・そこへ、香織からランチの誘いの電話が・・・断った徹・・・その2人を窓から見ていた香織・・・更に嫉妬させることになりますね(>_<)

 被告人の容態が回復するまで、公判は、延期に・・

 徹は、母親に、100万を貸してもらおうと電話したが・・・息子の声と全然違うとか、オレオレ詐欺だろうって信じてもらえず・・・Tシャツの訪問販売をはじめちゃった徹・・でも大きな箱ごとって・・

 いずみは、黒川から電話をもらうも、もう言いなりにならないと言っちゃった・・大丈夫か?

 と思ったら、いずみの娘をTシャツの入っていた箱に入れて、徹が連れ出していたのですね(祖母の元へ)・・Tシャツの訪問販売はフェイクだったのですね。

 気付いた黒川・・・ついに徹の前に正体を見せた!

 鏡子は、本当は、無実なのか?・・香織が病室にいる時に、目を覚ましたましたが・・

              チェックしてね♪ 

H21・春ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。