--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.21

家族 妻の不在・夫の存在・第1話

 脚本・・清水有生
 出演
  上川亮平・・竹野内豊(職探し中)
  上川理美・・石田ゆり子(亮平の妻)
  上川悠斗・・宇都秀星(亮平の息子)
  佐伯晋一郎・渡哲也(幼稚園のボランティア)
  佐伯加奈子・中田喜子(晋一郎の妻・がんで帰らぬ人に)
  古葉詩織・・木村多江(弁護士)
  木下美帆・・さくら(幼稚園の先生)
  津久野仁志・劇団ひとり(亮平の後輩)
 主題歌
  「Everything」EXILE

 息子の4歳の誕生日。レストランで家族で食事する上川亮平(竹野内豊)と妻・理美(石田ゆり子)息子の悠斗(宇都秀星)。出会わせた2人の夫婦、退職したばかりの佐伯晋一郎(渡哲也)と妻・加奈子。晋一郎は亮平(竹野内豊)の事を知っていたみたいだが亮平は覚えていないのか?
   転職する事や、家の契約まで勝手に決めてしまった亮平。
  
       そして1年後

 息子のピアノ発表会には約束したのに、行けないと言う亮平。リストラ候補になった大学時代からの後輩・津久野(劇団ひとり)の就職先を決めてやらないとだめだからと言う。
 そんな矢先、亮平がリストラを言い渡した社員の山田がマンションから飛び降り自殺。

 仕事をやめようと思うと妻に言うと、何でもいつも勝手に決めてきた亮平にもう遅いと言い、離婚してくださいと言う妻。

 息子の通うさくらんぼ幼稚園に様子を見に行くと、引っ越すから退園すると言う。その幼稚園でボランティアをしている佐伯に会ったが1年前のレストランで会った1週間前に解雇通知を上川からもらったと言う。
 たくさんの人に会った亮平は覚えていなかった。

 退職願いを出した亮平。設計の仕事をまた、はじめたい理美は、亮平に悠斗を2、3日頼むと言う。面接に行かなくてはならない亮平に、幼稚園に行くと言う悠斗。
 仕事が決まった亮平は悠斗とママを迎えに行こうとしたが、中から男と出てきたので驚き。(しかし、すぐに仕事が決まるとは優秀だからかな?)

 幼稚園でうんていから落ちて足を怪我した悠斗。迎えに来て下さいと幼稚園から電話がかかってきたが取引先に行かなくてはならず、妻に電話するが携帯を車に置いたままの理美は気づかず。

 今度は妻が仕事に夢中で家庭を顧みずになりそう・・夫の事だけせめられない。

 一番の仲良しのしんちゃんのところでお世話になっていた悠斗。しんちゃんは佐伯晋一郎だった。晩御飯までご馳走になる事に。男は人前で涙なんか見せるなと言う晋一郎にどうして泣いてはいけないかと聞く亮平。
 家族のために仕事は大事だと言う亮平に「今日は何の日か知ってますか」と聞く晋一郎。わからない亮平。

 妻に迎えに来るように話すも今、出張中だから、行けないと言う妻。そして、悠斗の絵を見て今日が悠斗の誕生日だったと気づいた亮平は「今日が何の日か忘れてたよ」と妻に言うも「ごめんなさい。今、仕事中だから」の妻。
 自分が悠斗を連れて家出しておきながら、息子の誕生日すら忘れた妻・理美にもう、帰ってこなくていい。俺が育てると言う亮平。

 1年前の約束を思い出した亮平は紙で線路を書いてやった。

 そして、引退して奥さんとのんびり暮らしていると思った佐伯は実はもう、奥さんが亡くなっていないと知り、愕然とするのだった。

※渡さんが幼稚園のボランティアだなんて(@_@。
  男の料理してましたね。味のある役者さんです。
  竹野内豊の今回の役は好きですね。
  草剛の僕シリーズを思い出しました。
  彼よりは、明るい主人公ですが(笑)
 
                 チェックしてね♪

H18・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。