--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

08.12

救命病棟24時

  救命病棟の第4シリーズがついに、はじまりましたが、今回のテーマは、救命救急の崩壊。

 今の日本では、医師不足、病床不足、救急車のたらい回し・・・激務の医師達。

 海南医大救命救急センターでは、激務から、救命医達が全員辞職。そこに、やってきた進藤(江口洋介)とやる気のない臨時で寄せ集められた医師達。

 小島楓(松嶋奈々子)は、10歳の男の子を死なせたとして、医療ミスで訴えられ、医療裁判中。
 自信をなくした楓でしたが、同じような年の男の子が野球をしていて頭にバッドがあたって倒れた場面に遭遇。

 進藤に受け入れを頼むも、自分は医者だろと断られ、自分で緊急手術した楓。

 海南医大では、食中毒の患者がたくさん運ばれてきていて、大変な状況に・・食中毒だと思われたのが、実は、何かの毒が原因だった・・カドミウムでしたね。

 救命センター再建のために転属させられた澤井(ユースケ・サンタマリア)は、腕は、すごく優秀ですが、患者に対する考え方など進藤と対立するようですね。

 もう一度、救急で、頑張ることにした楓。

 進藤が助けた花嫁と赤ちゃん・・新郎は、赤ちゃんに異常があったら訴えると言ってましたが、異常もなく、夫婦と赤ちゃんの幸せの写真とお礼が書かれてありましたね。

 やるがいのある仕事ですが、ストレスも相当な仕事・・進藤は薬を飲んでましたから、どこか悪いのですね。

        チェックしてね♪

 

H21・夏ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

きょううさまるは仕事するはずだった。

BlogPetのうさまる:2009/08/17(月) 14:10:48 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。