--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

11.29

サムライ・ハイスクール・第7話まで

 イマドキの東京の私立高校の草食系男子が、サムライに変身して、学園や社会に巣食う様々な問題を解決する痛快学園エンターテインメントドラマ。

 第6話では、なんと父親がリストラ~~45歳以上・・この就職難に・・仕事探すと言うが・・

 小太郎(三浦春馬)も大学受験をやめ、就職することに決めたが・・大学受験より就職の方が難しい~~

 アルバイトすることに決めた小太郎。
 バイト中に「死ねば~か」の不良どもの言葉でサムライに変身しちゃった小太郎・・・不良に向かっていっちゃって(やっぱり、クビになっちゃった)

 母も、パート探しへ(母はすぐ見つかったみたいですね・・てか今までパートしてなかったんですね)

 父(岸谷五郎)は、上司の仕事の失敗をなすりつけられリストラされたよう。

 本気になれ・・大学へ行けと真剣勝負を挑んできた父・・勝負はつかず!・・大学に進学することにした小太郎。

 小太郎を襲ってきた黒集団は何~

 第7話では、校長の父兄からの寄付金の横領の記事が週刊誌に・・父兄から学校へ、問い合わせの電話が殺到!
 
 ホームレス襲撃の件で学校を退学になった岩永(賀来賢人)がこのことに関係しているよう・・・小太郎が岩永の家をひとりで訪ねたが罠にかかり、監禁されてしまった。

 岩永に気付いた剛(城田優)とあい()も訪ねて、一緒に捕まってしまいましたが・・

 あいの「ばか~死んじゃえ~」の言葉でサムライに変身(あいと剛は、小太郎が別人のサムライに変身することに気付きはじめてましたね)

 サムライになっても女の子に抱きつかれたり、抱きつかれなくても、ポスターとか見るだけでも、元に戻っちゃう小太郎・・話してしまいたいが、「しゃべったら死ぬよ」と言われてて・・

 生徒への、記事になった件について説明する予定の校長・・・事実ではないが記事になったことによる責任をとって辞任するつもりだったが・・サヤカ(市川実日子)や小太郎が反対して・・

 校長から生徒へ説明が・・・裏切る行為はしていません。責任を持って、校長の職に邁進すると

 ”人生は短い、くよくよしている時間はない、最後まで勝負を投げ出さず勝つ”校長からの言葉でしたね。

         チェックしてね♪

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

きのうおじゃうさと、東京を行為しなかったよ。

BlogPetのうさまる:2009/12/01(火) 14:44:44 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。