--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

12.13

サムライ・ハイスクール最終回

 学校の教室の中で、小太郎(三浦春馬)の前に現れた、サムライ小太郎!

 過去の事情から誇りを取り戻すべく小太郎に乗り移ったサムライ小太郎。

「十七の
 散る命火を
 誇るべし
 残る夜月よ
 清らかに照れ」


 サムライ小太郎が戦に行く前に残した時制の句

 ー義を通せば誇りは取り戻せるー

 時すでに朝・・校長達の説得にも、教室から出ようとしない小太郎(サムライ小太郎は、また小太郎の体の中に)

 岩永浩三(石黒賢)を教室に呼んでくるよう告げる・・父・信二(岸谷五郎)が連れてくると(結局、だめでしたが)

 窓側から教室に入るのに成功したあい()・・小太郎に戻すべく抱きつくが、変わらず・・そして、なんとキスしちゃった・・さすがに戻れたが・・

 サムライ小太郎の意思を尊重したいと、あいを連れて教室から脱出・・あいをも巻いて浩三の元へ・・

 途中、ひみこ(ミムラ)の元に寄り、「あんたの義の通し方ってなんなの?」「武士はね。いざ、戦場に立ったら、自分のやり方で戦うんだよ」と言われ・・義を通しに行くことに・・

 途中で会った警察官の本山(金子ノブアキ)は、小太郎の「義を通しに行かなきゃならない」の言葉に、「行ってこい」って思わず言っちゃった(笑)

 やってきた場所は、教室でしたね。

 警察署に留められている中村(城田優)は、「18年間待っただけあった最高の友達です」と・・

 学校には、警察も来てて、捕まりそうになるが、5分だけ待ってほしいと・・皆に話があると・・刀は盗んでない、最後まで戦いたいと・・そして皆にあやまる小太郎・・サムライ小太郎のことを友達が出来たと言い、戦わない限り、絶対に勝てない。最後まであきらめちゃだめだと・・自分がいけてないの人のせいにするなと・・戦わせて下さいと。

 刀を差し出し、素直に警察に捕まった小太郎。

 そこに現れた岩永仁(賀来賢人)は、退学させられた恨みから、自分が望月家の前に刀を置いたと告げた。
 「俺が悪いんだ」と叫ぶ仁。

 その途端、倒れた小太郎・・サムライ小太郎の前に現れ・・「今の世にも様々な戦さがある・・おぬしの心の中にも立派な剣がある・・それは、優しさ、思いやりだ」と・・彼が亡くなった時に、許婚のお腹にいたのが18代前の先祖にあたると言うサムライ小太郎。

 今度は、何故かサムライの格好になって、あっちの世界に・・許婚に出会った小太郎(許婚は谷村美月でしたね)

 気がつくとベッドの上・・厳重注意を受けた小太郎。

 サムライとの事を中村やあいに話した小太郎。

 ひみこに会いに行くと、なんとそこは、カフェに変わっていた・・けれど、そこは10年前からカフェだと?

 大学受験に行く小太郎・・今日から研修だと仕事に行く父・・教師のサヤカ(市川実日子)に愛を告白するも一刀両断にあった本山。

 カフェに置かれた人形・・これが、ひみこの正体だったようですね(^^♪

 ※時は変わっても、武士の魂は永遠に・・
 りりしいサムライ小太郎と弱い小太郎を見事に演じきった三浦春馬君、またのドラマをお待ち申しておりますm(__)m

           チェックしてね♪
 

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

おじゃうさが注意するの?

BlogPetのうさまる:2009/12/15(火) 14:40:56 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。