--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

12.25

アンタッチャブル・最終回

  兄・洸至(小澤征悦)は、母の浮気相手の子供だった・・・遼子(仲間由紀恵)だけを愛した父・・孤独だった兄・・ひとりだけ孤独をわかってくれた永倉(寺島進)(彼も同じ境遇だったから)・・兄がいるかぎり自由になれないと永倉・・殺してあげると言ってた洸至・・亡くなった永倉の兄・・けれど、それは病院のミス(自分が殺ったことにした洸至)

 そして、家を爆発させ、自分の両親を殺した洸至・・鷹藤(佐藤智仁)の兄が「君が殺したんだろ」と洸至に言ったものだから・・すべてを見抜かれていた・・その恐怖から逃れるために鷹藤の家も爆発させた。

 そして、次から次へと殺人を・・(やっぱり、犯人は、兄だった)

 罪を隠すために、子供達まで犠牲にしようとする兄・洸至・・「君のお兄さんこそ、触れてはいけない闇だった」と言い、何も止められない永倉。

 逮捕されるのを承知で永倉を人質にして、爆弾のありかを聞き出した鷹藤。
 爆発は阻止できた。

 逮捕された兄・・・しかし、兄の乗った車が爆発・・

 真実を書いた遼子・・アンタッチャブルから去った遠山(要潤)・・起訴猶予で釈放の鷹藤・・

 起訴された永倉・・地球党は解散に。

 ラスト・・兄が生きていた(@_@)・・また0からやり直しだな~(恐い(>_<)

  この終わり方は、続編でも、やるつもりなのでしょうか?

          チェックしてね♪

H21・秋ドラマ
トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

きのう、浮気する?

BlogPetのうさまる:2009/12/26(土) 15:04:10 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。