--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

01.10

ベートーベン・ウィルス(韓国版・のだめカンタービレ)

  韓ドラベートーベン・ウィルスを5話まで見ました。

 終わってしまった「風の絵師」は、ラストの終わり方がいまいちでしたが、全体的には、良いドラマでした。

 そして、「ベートーベン・ウィルス」は、韓国版「のだめカンタービレ」のようで、「白い巨塔」のキム・ミョンミンがオーケストラのマエストロ役で、オーケストラの楽長役でイ・ジア、「怪刀ホン・ギルドン」のチャン・グンソクがトランペット奏者&指揮者役で出演(ホン・ギルドンの時とあまりにも見た目が違ってて驚き~)

 とても、楽しい音楽ラブドラマです。のだめ好きは、ぜひ(^〓^ )「♪♪♪♪   

 市に勤めるルミ(イ・ジア)の企画が通って、プロジェクト・オーケストラを創設することに・・けれど、詐欺にあって楽団員は去り、なんとか指揮者に払うお金だけは、あったが・・

 楽団員を一般公募(このあたりが、のだめカンタービレの映画に似てます)・・指揮者は、世界的マエストロ、カン・マエ(キム・ミョンミン)・・気難しさも超一流、別名・オーケストラ・キラーだった(>_<)

 集まった楽団員達は、停職中の警察官、キャバレー勤め、高校生、痴呆にかかった老人、専業主婦などプロとは、かけ離れた人々。

 ずっと夫や子供から我慢してきた主婦ヒヨンに「チェロの糞のかたまり」と言ったカン。
 そのヒヨンが教会にボランティアに行って帰りが遅かったけどと家族に言うと、「えっいなかったの」と言う夫や子供達。

 楽譜は、読めないが、音を聞いただけで、その音を再現する絶対音感の持ち主の警察官・ゴヌ(チャン・グンソク)・・カンに内緒で指揮したりして、みんなに教えてましたね(人望もある)。警察官だが謹慎中・・やっと謹慎がとれる日は、コンサートの日・・市長が1週間、コンサートの日を延ばしたものだから・・

 トランペットのゴヌに、コントラバスまで出れないって(社会人ゆえに社会の掟から抜けれない)

 指揮せずに帰るつもりだったカンは、自分の代わりにミョンファンがやると知ると、俄然ライバル心を出して、自分が絶対に成功させると。

 コンサート当日、ヒヨンに夫や子供をほったらかしてって、連れて帰った夫。ルミは、頭痛・耳が聞こえなくなっちゃった・・

 チケットは、あまって、小学生がいっぱい会場に・・

 コンサートがはじまるとルミに私だけを見ればよいと目で合図のカン・・1曲が終わると耳が聞こえるようになったルミ(このドラマでますます、指揮者ってすごいって感動)

 「吐き出させてあげます・・2部のソロをチョン・ヒヨンさんにお願いします」と夫の運転する車の中で指揮者からの電話を聞いたヒヨン・・ついに、夫から逃れて・・

 演奏中に騒いだ小学生達にモーツァルトのきらきら星をピアノで弾いて、ヒヨンが来るまで繋いだカン。
 
 ここは、クラシックの国だと子供達に言ったカン。

 妻にうながされて仕事着のまま、見に来たコントラバスのパク・ヒョックオン・・演奏に間に合ったヒヨン(とてもせつなさのある見事な演奏で思わずブラボーって言いたくなっちゃった)・追いかけてきた夫も妻の演奏を聞いて何も言えず・・楽団をやめた貧乏な元高校生・ハ・イドゥン(ハイドンじゃん(笑)も見に来てましたね(釘付けになってました)

 そして、警察官の服で駆けつけたゴヌは、最後の演奏の「ウィリアムテル序曲」で間に合った(ソロは吹けなかったが)・・演奏は、見事に揃った・・スタンディングオーベーション!

 ヒヨンの夫は、何も手伝わないが全部一人でやってそれでも時間があまったらやればよいと・・

 仕事を抜け出してきたゴヌは、もうクビだろうから頼むとルミに・・夫婦みたいだろと言ったゴヌ・・

 けれど、ルミの心は、カン・マエにか・・韓国から帰ると言ったカンに残ってほしいと・・あなたのことをもっと知りたいと3度も(耳が聞こえなくなった時に、カンにほれたかな?)

 交響楽団を作ると指揮者に言う市長・・警察署へ辞表を出しに行ったゴヌ・・市響が出来れば、何とかなるか・・

 市響を引き受けると言う指揮者・・けれど、団員はトップレベルを集めてやると・・

 ※コンサートが成功してスタンディング・オーベーションになったところで、ひとまず、映画的には、エンディングだった・・けれど、今度は市響を作るというので、そこに何人の素人楽団員達が残れるのだろうか?

 再度、幕開けです\(^ー^)/


           チェックしてね♪

韓国ドラマ
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。